つぐももとは (ツグモモとは) [単語記事]

も すじ 供養 つぐも

このように想い描くのを雑想観といい、第十三の観となづける 」 散乱した心のままで悪を止め、善を修める行 ここで釈尊はさらに阿難と韋提希に仰せになった。 そして、そのすがたとわたしの心が一つになり、観が成就する方法を教えてください」 すると釈尊はにこやかにほほえまれ、五色の光がその口から輝き出て、その一つ一つが頻婆娑羅王の頭を照らした。 さらにの雑誌統合再編に伴い、新たに創刊された「刊」に移籍した。

また台の両側には、それぞれ百億の花で飾られた幡と数限りないさまざまな楽器があり、その台を飾っている。 わたしは今、そなたのために極楽世界のすがたを想い描くためのいろいろな方法を説き、また清らかな行を修めたいと願う未来のすべての人々を西方の極楽世界に生れさせよう。

つぐももとは (ツグモモとは) [単語記事]

も すじ 供養 つぐも

そしてただ眠っているときを除いて、常にこのことを想い続けるがよい。

3
このように想い描きおわったなら、ほぼ極楽世界の宝の樹と宝の大地と宝の池を見たということができる。

【楽天市場】仏具 > 花立・花瓶:神棚・神具・仏具 やまこう

も すじ 供養 つぐも

このように想い描くのを樹想といい、第四の観と名づける。 このように想い描くのを像想といい、第八の観と名づける。

15
それぞれの宝の樹の下にはまた三つの蓮の花があって、それらの蓮の花に一仏と二菩薩の像が座っておいでになり、そのような一仏二菩薩の像がその国に満ちわたっているのを見るのである。 そして仏の後につきしたがって、たちどころにその国に生れるのである。

なるほど畜産情報 : 牛の鼻輪について

も すじ 供養 つぐも

」に移籍。 そなたたちはしっかりと心にとどめ、多くの人々のために説きひろめるがよい 」 釈尊のこのお言葉とともに、無量寿仏が突然空中に姿を現してお立ちになり、その左右には観世音、大勢至の二菩薩がつきそっておられた。

10
何時の日かアメリカの国内事情から、その意味を知ることになり地獄を見るだろう。

[B!] #つぐもも つぐももすじ供養09

も すじ 供養 つぐも

牛の鼻輪について 牛を題材にした絵やイラストを見ると決まって描かれているのが牛の鼻についている「鼻輪」です。 さらにすすんで三昧の境地に入ったなら、その国の大地を一層はっきりと見ることができるのであるが、そのありさまを一々詳しく説くことはできない。 仏の力によって、ちょうどくもりのない鏡に自分の顔かたちを映し出すように、その清らかな国土を見ることができるのである。

7
「 母は罪人だ、罪人である父の味方をするのだから。

なるほど畜産情報 : 牛の鼻輪について

も すじ 供養 つぐも

「 世尊、わたしは今、仏のお力によってその世界を見ることができます。 そしてその光の中から清らかな風がおこり、いたるところから吹き寄せてこれらの楽器を鳴らすと、苦・空・無常・無我の教えが響きわたるのである。 この地域の豪族には、飯田五郎家義という富士川の合戦で活躍し頼朝から「本朝無双の勇士なり」と賞された勇将や、戦国時代に毛利家と共に活躍する吉川家の祖、吉香小二郎友兼、また蘆原氏、工藤氏、三澤氏、渋河氏、船越氏、矢部氏、大内氏などがおりました。

6
ここで釈尊が阿難に仰せになった。

【楽天市場】仏具 > 花立・花瓶:神棚・神具・仏具 やまこう

も すじ 供養 つぐも

そして氷の透きとおったようすを想い描き、それが瑠璃であるという想いを起すがよい。 一つには、親孝行をし、師や年長の者に仕え、やさしい心を持ってむやみに生きものを殺さず、十善を修めること。 このように観ずることを正観といい、そうでないならすべて邪観というのである 」 釈尊はまた阿難と韋提希に仰せになった。

まことに智慧が海のように広く深い仏がたは、人々の心にしたがって現れてくださるのである。 またお体の毛穴から放たれる光明はまるで須弥山のように大きく、その頭の後ろにある円光の広さは百億の三千大千世界をあわせたほどである。