マイクロピペット

使い方 マイクロ ピペット

初めに述べたとおり、空気がクッションになって溶液を吸い上げますので、空気が漏れるようなら正確な量は測りとることができません。 分注方法による正確性についてはフォワードピペッティングの方が良好であり,理論値に対してフォワードピペッティングは低め,リバースピペッティングは高めの傾向であった。

6
プッシュボタンを押しながらチップを溶液につけ、プッシュボタンを戻し、ゆっくり吸い上げていきます。 しかし、以下の特性を持つ液体を分取しようとすると、誤差が大きくなります。

マイクロピペット

使い方 マイクロ ピペット

ボックスに入った CP ならば、一般的なマイクロピペットのチップを取り付けるのと同じ感覚で取り付けた後に一度プッシュボタンを押すだけ。 血液など均質でないサンプルに適しています。 ピペットサービスについて、「 話を聞いてみたい」、「 ピペットサービスのカタログをダウンロードしたい」 とお考えの方は、下記のボタンをクリックしてお気軽にお問い合わせください! また、ピペットサービスの詳細については下記をご参照ください! 研究用にのみ使用できます。

ネジが伸び切ってしまうんですね。

マルチチャンネルピペット(8 / 12 / 16 / 48 / 64 チャンネル)

使い方 マイクロ ピペット

このような準備を行っておけば、マイクロピペットを安心して使えます。

8
例えば液量設定ダイヤルにロック機構がついているマイクロピペットの場合は、ロックを外してから目盛を調節し、そのあと再度ロックするようにしてください。

マイクロピペットの使い方を教えてください。!!

使い方 マイクロ ピペット

標準直線の結果を見ても、手動のピペットを使った場合の相関係数が0. チップはきれいに保つ必要がありますので、チップケースに入ったままの状態から直接取り付けます。 ネジの部分はより 正確に合わせやすいとのことでした。

4
しかし、他のところでは「使えればいいや」的な考えで適当にやっているところも多いですよ! だからといういつものオチでした。 今回はマイクロピペットを使ったことが無い方や、あまり慣れていない方を対象に、取り扱うための基本操作やポイント、注意点などを学んでいきたいと思います。

マイクロピペットの誤差と使い方の注意点

使い方 マイクロ ピペット

マイクロピペットの誤差と使い方の注意点• ポイント:連続分注について 同じ溶液を続けて別容器へ分注(連続分注)する場合は、同じチップを繰り返し使うこともできます。 固体の試料と液体の混合作業も簡単にできるなど、さまざまな機能が盛り込まれています。 先端が汚れていると、例えば意図せず分注先の容器に汚染部分が触れることによって、汚染が広がる可能性があります。

ちなみに、日本人特に女性には 少し大きすぎて、使いにくいという声も聞きます。 バッファ、薄い酸やアルカリなど水溶液に適しています。

マイクロピペット

使い方 マイクロ ピペット

粘性の高い液体、泡立ちやすい液体の分注に適しています。

5
98917だったの対して(図3)、電動マイクロピペットの場合は0. 同じ処理を行うサンプルは、ピペッティングも同じ方法で行ってください。

マイクロピペット

使い方 マイクロ ピペット

チップの先端を、試料の液面から1cm程度まで浸し、プッシュボタンをゆっくりと放してチップを試料で満たします。 そのため、次に分注する際には、新しいチップに付け替えを行う必要がある点に、注意することとなります。 チップの先端を、試料に液面から1cm程度まで浸し、プッシュボタンをゆっくりと放して試料を吸引します。

チップの外側についた試料を容器の縁に軽く触れて除きながら、チップの先端を引き上げます。