イオンモール大和郡山

郡山 ジャスコ

旧扇屋本店で、千葉市地元資本の百貨店の一角。 営業エリア:タイ• しかし来客数の低迷は解消できず、加えて2008年(平成20年)12月には立体駐車場の所有企業が破産して、市が融資した約3億9千万円が回収不能となるなど運営は困窮し、さらには土地・建物一括での所有権売却も目途が立たなくなるなどしたことから、結局市は2010年(平成22年)1月22日、パルム1を撤去して跡地を売却する方針を固めた。

1
閉店) 旧伊勢甚ジャスコ。 同店はその後2005年(平成17年)3月に前の同市住吉町にオープンしたイオン新発田ショッピングセンター(現・)内に同名で再進出した。

イオンモール大和郡山

郡山 ジャスコ

営業エリア:東北地区、関東地区、北陸・甲信越地区(新白馬店を除く)、東海地区、近畿地区、中国地区、四国地区• 1994年(平成6年)3月18日に千葉市おゆみ野の南口のに移転して扇屋ジャスコ鎌取店が開業している (現・)。 松本店(中央2-2-28 ) 店舗跡には、1984年(昭和59年)にが開店した。

長年シングルカットも含め未収録曲だったが、発売のコンプリートアルバム『See-Saw-Scene』2枚目 のボーナストラックとして初収録された。

専門店営業時間

郡山 ジャスコ

2015年(平成27年)4月17日にとして新装開店。

1986年(昭和61年)5月に羽後ショッピングが羽後ジャスコを合併した ため、店舗はジャスコ秋田事業部に移管された。

過去に存在したジャスコの店舗

郡山 ジャスコ

地場百貨店・スーパーマーケットチェーンの扇屋と(昭和51年)と統合し発足。 前にあり、現在はマンションとなっている。 旧伊勢甚ジャスコ。

15
にイオン株式会社がになったことで、北海道、九州・沖縄地区以外の店舗の運営をイオンリテールに継承。 4月末までに全テナントを退去もしくはパルム2などに移転させて閉鎖し、11月までに解体された。

はんこ屋さん21郡山フェスタ店

郡山 ジャスコ

鉄筋コンクリート造地上5階地下2階建て、売場面積4,356m 2で隣のニチイ上野店とともに上野市の商店街の核となっていた。 しかし1996年(平成8年)3月20日に上越店は富岡へ移転して地元の商店(60店)からなる協同組合「アコーレ」と一体となった新店舗を開業し 、土橋の店舗は閉店。

5
北戸田店( 、1989年(平成元年)12月開店 -2004年(平成16年)1月12日閉店 ) 店舗面積約15,817m 2 、閉店時の直営店舗面積約15,881m 2。 閉店後は島田市が買取り、催事センターとして使用したのち区画整理により解体。

ジャスコ

郡山 ジャスコ

テナントは吉川店。

中勢(津市を除く) [ ]• のグループ名変更に伴った3代目ロゴマーク変更により、2代目から3代目への看板移行が一部店舗 を除き素早く行われた。

ジャスコ

郡山 ジャスコ

閉店時の直営店舗面積3,636m 2。

10
店舗勤務の従業員は、地元雇用の社員(コミュニティー社員と呼ぶ)・学生社員が多かった。