石橋を叩いて渡るとは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

を 意味 石橋 渡る 叩い て

「石橋を叩いて渡る」の由来・語源 昔は木で出来た脆い橋が多くあり、そういう木の橋が壊れて事故に巻き込まれる危険性がありました。

12
このような行動をいさめるために 「今は締め切りを守る事が優先だ。 正直いい大人が厄介だと思ってしまいますが、慎重で正確な人の良さを仕事や日常生活に活かし、認めてあげる事でパニックの頻度や状況が治るかもしれません。

「石橋を叩いて渡る」とは?意味や使い方を例文を含めてご紹介

を 意味 石橋 渡る 叩い て

絶対に倒産しそうもない会社が、突如つぶれてしまう事だってあります。

1
Hear twice before you speak once. 転ばぬ先の杖:あらかじめ失敗を防ぐための準備をしたり、用心したりしておくべきだ。

「石橋を叩いて渡る」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

を 意味 石橋 渡る 叩い て

つまり、「諸刃の剣(もろはのつるぎ)」であるとも言えます。 そのような時には「石橋を叩いて渡る」という表現はネガティブな意味合いで使われます。

10
思考は時と場合によって変えなければいけません。 html 昔の私は、とても慎重派で、 石橋を叩くどころか撫でて渡る派だった。

「石橋を叩いて渡る」とは?意味や使い方を例文を含めてご紹介

を 意味 石橋 渡る 叩い て

あるいは、「目的を叶えるため危険な手段をあえて使うこと」を意味する「 危ない橋を渡る」や、「心配するより実際に行動した方が簡単である」という意味の「 案ずるより産むが易し」という表現も「石橋を叩いて渡る」の対義語と言えますね。 石橋を叩いて渡る人の心理• ちなみに、 「石橋を叩いても渡らない」「石橋を叩いて壊す」という言い方もあります。

石橋を叩いて渡りすぎで、臨機応変になんてできないんだから。

「石橋を叩いて渡る」の意味!どんな性格の人?類語や反対のことばも紹介

を 意味 石橋 渡る 叩い て

「石橋を叩いて渡れ」「石の橋も叩いて渡れ」とも。

つまり慎重すぎて機会を逃してしまうような人を、バカにするような意味の言葉です。 ユダヤの教え 迷子になるより 10回 尋ねよ [意味・解釈] 失敗するくらいなら, ちょっとした恥を捨ててでも相手に聞いたほうがいい. (出典:森瑤子『恋のインデックス』) ・マークは 石橋を叩いて渡るタイプだった。

石橋を叩いて渡るの意味!色んな使い方ができる言葉だった!

を 意味 石橋 渡る 叩い て

慎重に木に登ってヤシ酒を飲むことができたとしても, 酔ってしまっては帰りの足がおぼつかない. ただやはり普段からコミュニケーションが取れていなかったり、疎ましがって距離を取ってしまうと関係性がうまくいかなくなるので、程よく距離感を保つようにしましょう。 「濡れぬ先の傘」 「失敗しないように事前に準備しておくこと」という意味の類語ですね。

2
石橋を叩いて渡る事で、スタスタ渡っている人を後から追い抜こうと思っているのかもしれません。

石橋を叩いて渡るとは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

を 意味 石橋 渡る 叩い て

したがって、「石橋を叩いて渡る」の意味を別の言い方で言えば、「 必要以上に慎重になること」とも言い換えられるでしょう。 さらに「用心深い」になると、「十分に注意・警戒をしているさま」を表します。 意味は、「用心を重ねる」• 過剰といっても過言でないくらい用心を重ねる慎重な人の事を「石橋を叩いて渡る」というようになったのです。

4
しかし、そんな硬い石で作られた橋であっても、 叩いて安全を確認してからではないと渡らない人も中にはおり、この慎重な様子が「石橋を叩いて渡る」の由来になっていると言われています。

石橋を叩いて渡るとは?石橋を叩いて渡る人の心理や特徴

を 意味 石橋 渡る 叩い て

その石橋をまず叩いてみて安全を確かめるという、用心の上に用心を重ねる様子を表しています。 転ばぬ先の杖(つえ) 「意味」失敗しないように、万が一に備えてあらかじめ十分な準備をしておくことのたとえ• そうした様子から、「用心の上にも用心をする。

15
「石橋を叩いて渡る」という言葉は、誰もが聞いた事があるような有名な言葉でしょう。