【予言】漫画「私が見た未来」が凄い!東日本大震災も的中!作者「たつき諒」wiki

未来 値段 私 が た 見

1995年1月17日 阪神淡路大震災 M7. そこで子供たちに提示される未来予想図も、このまま行けばとんでもない未来が来る、とにかく『すごい!』が大前提でした。 え、え、1999年7月といえば。

10
2回目の夢から現実になるまで 5年。 「これだ、まさにこれだ!俺はプレアデスでこの場面を見たのだ。

★「私が見た未来」 1999年発刊の漫画に2011年3月の大津波が予告されていた★

未来 値段 私 が た 見

過去に遡れるのなら、未来にも遡れるのですよ。

19
日本でも活動に賛同する方の協力を経て基地局開設を進めています。

1999年発売の漫画『私が見た未来』の予言が怖い…作者のたつき諒さんの現在は?

未来 値段 私 が た 見

左目(過去)を隠し右目(未来)を見てその凄惨な未来に涙を流している自画像なのでしょうか? この考え好きです。 内容は不思議な話らしいのですが、ハッピーエンドで終わるという読後感の良いものだとか。

16
「私が見た未来」の作者たつき諒さんは、竜樹諒という名前でこの作品の前に、いくつかの作品を描いています。

たつき諒「私が見た未来」で東日本大震災を言い当てる?!

未来 値段 私 が た 見

しかし災害は避けたい!! ノストラダムスや占いなどは全然信じないのに、たつきさんの予言は気になって仕方ないのです。

3
この災害がWで重なったら・・・想像したくもありません。 これはデマとのことです。

たつき諒「私が見た未来」南海トラフ地震と富士山噴火を予知夢で大予言 | 正しい霊的知識を学ぶブログ

未来 値段 私 が た 見

勝てば英国と並ぶ大国となり、いよいよアジアの主人たるを得るけれども、負ければ日清戦争前の小日本に成り下がることになる。 そんな中で、詩人・作家の室生犀星(1889~1962)は100年後の女性について、独特の予想を披露している。

5
「我ら子孫の日本人はますます根性がひねこびてずるがしこくなり、小闘紛騒を事として諸外国に侮られ、国威すこぶる振るわざるものとなります。

『私が見た未来』(ほんとにあった怖い話コミックス)たつき諒著を読んでみたいです…

未来 値段 私 が た 見

リンクが長くなってしまったので貼れなかったのですが、みおさんすでにご存じかもと思い投稿いたしました。 私の夫は横浜の沿岸部に勤めています。 「終末」ブームに火がついた。

17
未来予想図も『反省モード』になっていき、『冷戦』で核戦争による終末のイメージも色濃く反映されるようになりました。

★「私が見た未来」 1999年発刊の漫画に2011年3月の大津波が予告されていた★

未来 値段 私 が た 見

。 1992年8月31日 「ダイアナ?んだ」の文字イメージで、1997年8月31日にダイアナ妃死去。 当たらないじゃないかと非難されることも多いようですが、研究し続けることで新たな技術が開発されて行くものですから、是非発信し続けていただきたいと思います。

3
「大災害は2011年3月」の夢をみてメモを書いた日が、 1996年3月11日。