ちょっと差がつく百人一首講座

歌 の が 式 大 江山 の 訳 口語 内侍 小 部 事

(定頼は、小式部内侍が即興ですぐれたこの歌を詠んだのを)意外だと驚いて、 「こはいかに、かかるやうやはある。 しかも、この小式部。 で、そのお母さんの和泉式部が家庭の事情で京都に居ない。

14
一方、最後の「子はまさりけり」の「子」は、 読み手の和泉式部の実感「けり」がついてるから、和泉式部本人の子ども、つまり小式部内侍を指す。 きっと、何にもまさる、我が子のことだろう。

NHK高校講座

歌 の が 式 大 江山 の 訳 口語 内侍 小 部 事

それはほんまに、何にもまさるんや。 ていうか、相手の姿も見たらあかんときた。 『百人一首』にも採られて有名な小式部内侍の歌「大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立」(金葉集・雑上)は「行く」と掛詞にして、山城国と丹波国の国境の大江山をはるばる越えて行く地としてよんでいるが、以後もこの歌を意識して「大江山」の地名とともによみ込まれることが多かった。

小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。

小式部内侍が大江山の歌の事・ 現代語訳・品詞分解・読み方

歌 の が 式 大 江山 の 訳 口語 内侍 小 部 事

だって、君の歌なんて、全部お母さんの代筆だもんね。

そこで、小式部内侍が即興で歌ったのがこの歌です。 」 これ、歌が好きで詠んでいる人間ほど、 カッチンとくるはずです。

小倉百人一首 小式部内侍の和歌(短歌)の意味を解説

歌 の が 式 大 江山 の 訳 口語 内侍 小 部 事

で、なっさけなかったのが大人の定頼の方。

7
」 と 局の中に 声をかけて局の前をお過ぎになったのを、小式部内侍は、御簾から半分身を乗り出して、 定頼の中納言の 直衣の袖を引き止めて、 [大江山から生野を通って行く道は 都からは 遠いので、 丹後の 天橋立はまだ踏んでみたこともなく、 母からの 手紙も見ていません。 いかに心もとなく思すらむ。

新後撰集 秀歌選

歌 の が 式 大 江山 の 訳 口語 内侍 小 部 事

ね、大丈夫だから・・・」と、息も絶え絶えに言うわけやな。

生野と行くと掛け、さらに「踏みもみず」と「文も見ず」を掛けた華麗な歌。 下手な歌を歌ってしまったならば、その場で幻滅されてジ・エンド。

小式部内侍が大江山の歌の事・ 現代語訳・品詞分解・読み方

歌 の が 式 大 江山 の 訳 口語 内侍 小 部 事

和歌所開闔 かいこう 、長舜。

17
恋愛でモテるのにも、うたのスキルが必須。

ちょっと差がつく百人一首講座

歌 の が 式 大 江山 の 訳 口語 内侍 小 部 事

てことで、この「宮中の歌詠みに選ばれる」ってな、「 オリンピック選手に選ばれる」レベルの話なんや。 」 で、当時流行りのテクニックだった掛け言葉 一つの言葉に二つの意味を乗せる手法 を二つも入れこんで、完璧に嫌味に対して切り替えす返答を和歌でしました。

11
だって、今でもこう言う話、何処でも転がっていそうだもの。 小式部内侍は和泉式部の助けが無ければ、歌など詠めないだろうという気持ち。