AceCombat7 アリコーンの二年間の考察

トーレス マティアス

階級は大佐。 戦後はコゼット、イオネラと共に復興活動を行っている。

19
また、IFFを偽装した無人機部隊に襲撃されて部隊が混乱に陥った際は、咄嗟の思い付きで隊を救うなど、判断力にも優れている。 階級は大佐。

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

トーレス マティアス

深読みはしないので、間違った情報を伝えてしまうこともある。

2
最終的には友軍の危機を率先して排除したり当初は険悪な関係だったフーシェンとも軽口を叩き合う仲になるなど、444所属時とは打って変わって仲間と強い信頼関係を築くようになった。

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

トーレス マティアス

ストライダー隊4番機。 これによりバラストタンクにダメージを受けたアリコーンは浮上、主砲のレールガンや大量の対空火器、更にSACS隊や搭載UCAVを発艦させ応戦するが、航空攻撃によりバラストタンクが破損する。 (Union of Yuktobanian Republics) ベルーサ大陸北東部の大国。

10
何度か脱走を試みるがその度に犬に捕捉され失敗している。

アリコーン(エースコンバット) (ありこーん)とは【ピクシブ百科事典】

トーレス マティアス

第178戦術戦闘飛行隊スケルトン(178th Tactical Fighter Squadron "Skeleton") IUN国際停戦監視軍に所属するオーシア空軍の部隊。 また2003年5月、巡洋艦エニュオで艦長を務めていた際に、事故で沈没した駆逐艦から多数の乗員を救助したことで勲章を授与された。 IUN国際停戦監視軍に対し大きな損害を与えている部隊だったが、メビウス1との戦闘で全機撃墜された。

9
バジリスク(Basilisk) 海兵隊員を搭乗させたと対地支援用ので構成される部隊。 『エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー パーフェクトガイド』、240頁。

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

トーレス マティアス

2015年 アルトス・イベリコス・ パルセラ・デ・グラシアーノ 3,000円 (税抜) D. 本級はあくまでも発射プラットフォーム艦であり、一部のミサイルを除き、誘導については随伴艦やによる管制システムに依存する。 アメリカ、ハリウッドで夢を追いかけた熱き男、ジャン・レオン氏が情熱を傾け、スペインで初めてカベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネといった品種を栽培したパイオニアとして知られています。 雲に当たるとレーザーが散乱してしまうため、雲の中や雲に遮られている敵には当たらない。

16
シリーズ集大成として、シリーズ内で起きた過去の様々な戦争もストーリーに組み込んでいる。

「はたらくくるま」図鑑 空港編 トーバーレス・トーイング・トラクター|中古車なら【グーネット】

トーレス マティアス

RUEDA ルエダ スペインの内陸部やや西寄りに位置する大陸性気候。

16
アリコーンは元々ユークトバニアで建造され、同国のシンファクシ級潜水艦を元にした改良型です。

AceCombat7 アリコーンの二年間の考察

トーレス マティアス

Su-30SMに搭乗する。 アーセナルバードとの戦闘でミハイにより1番機を落とされる。 4機編成。

12
オーシア国防海軍 [ ] ファーバンティ揚陸艦隊 ファーバンティの埋め立て地区へ部隊を揚陸することを目的とした艦隊。 しかし1995年に勃発したを契機としてユークトバニアとオーシアは融和へと転換し、両国間の関係は大幅に改善されていった。

「はたらくくるま」図鑑 空港編 トーバーレス・トーイング・トラクター|中古車なら【グーネット】

トーレス マティアス

攻撃圏外と思われていた海域での奇襲により、オーシア軍を一時的に混乱させることに成功したが、直掩航空部隊による反撃や空母から発艦した艦載機による迎撃を受け、攻撃部隊は壊滅した。 この記事が書かれた時点ではあくまで軍事アナリストの推測に過ぎなかったが、この推測は的中し、GR系列の企業に引き渡され大規模な改修が為された。 フルバンド(Full band)(日本語音声: ) スペア隊6番機。

16
JGSでは羽田空港に4種類で計16台のトーバーレス・トーイング・トラクターを運用しているという。 出撃ごとに貯まるポイントを使い、機体や兵装、強化パーツを購入して強化していく。

「はたらくくるま」図鑑 空港編 トーバーレス・トーイング・トラクター|中古車なら【グーネット】

トーレス マティアス

その戦略的重要性により、オーシア軍はIUN国際停戦監視軍として駐留拠点を増やし、オーシア主導で建造された2機のアーセナルバードによる防衛体制が敷かれている。 略称はGRGM。

16
ラーズグリーズ隊の面々と比べてみても 最終的に東 ベルカ へ大勢の有志と共に飛んだラーズグリーズ隊と、西 オーシア へ単艦で海底を進んだトーレス及びアリコーン。 アリコーン副長代理はルイス中尉が居るのに気付いた、そういえば彼は遺書を書いていない。