オウム被害者:介護の兄「最低限の補償を」(毎日新聞) gataro

幸子 浅川

幸子さんは第2小法廷でこう叫んだという。

'16年7月17日 放送 「」• 地下鉄サリン事件で重い障害を負った浅川幸子さん(56)と支え続けている兄の一雄さん(59)だ。

地下鉄サリン事件の被害者、浅川幸子さん死去

幸子 浅川

以来、一雄さんら家族が介助を続けてきた。 一雄さんら家族が自宅で介護を続け、2017年から東京近郊の病院に入院した。

19日に記者会見で明らかにした兄一雄さん(60)は「これからは頑張らなくていい。

地下鉄サリン事件の被害者、浅川幸子さん死去

幸子 浅川

'17年1月15日 放送 「」• '16年6月5日 放送 「」• タイトルは「今日もあなたと一緒に。 幸子が亡くなって、つらい悲しいだけではいけない。

15
幸子さんは1995年3月20日、地下鉄丸ノ内線で被害に遭い心肺停止の状態で見つかった。 事件は20日、発生から25年を迎える。

浅川幸子さん死去 地下鉄サリンで脳障害―闘病25年、寝たきり:時事ドットコム

幸子 浅川

一雄さんの母が涙ながらに聞くと、「生きていることが奇跡です」という言葉が返って来た。

8
その後口から栄養を取ることができなくなり、入院生活が始まった。

地下鉄サリン事件で25年間寝たきりになった浅川幸子さんの最期が辛すぎる

幸子 浅川

車内で心肺停止の状態で見つかり、蘇生したものの、重い脳障害で会話や食事も困難に。 当時40歳だった伊藤さんは、通勤のため日比谷線に乗っていました。 喪主は兄の一雄(かずお)さん(60)。

代理人弁護士によると、幸子さんは今月10日午前9時半ごろ、東京近郊の病院で亡くなった。 1995年3月、元教団代表松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚=執行時(63)=の指示の下、元幹部5人が営団地下鉄(現・東京メトロ)日比谷、丸ノ内、千代田各線を走行中の電車内で猛毒サリンを散布。

地下鉄サリン事件被害者・浅川幸子さん死去 兄「さっちゃん、25年間よく頑張ったね」(1/2ページ)

幸子 浅川

これが、一雄さんが最後に幸子さんと会った日となった。

5
死因はサリン中毒による低酸素脳症だった。 介護のために数百万円かけて自宅を増改築したが、身体障害者向けの補助があっただけで、1割も補えなかった。