《週刊新潮》:安倍親信涉迷姦女大生 逮捕前卻被縱放

新潮 週刊

2006年1月18日の地裁判決では毎日新聞側の請求が棄却された。

創刊 [ ] 昭和20年代の『』を始めとした新聞社系週刊誌が全盛の中、1954年に副社長のらにより週刊誌が企画され、編集発行人が佐藤、編集者にが加わって、1956年に発刊。

米果專欄:盜用的獨家與墮落的業配

新潮 週刊

がそれぞれの回収勧告を行ったが、新潮社は拒否した。

ラジオでも同じナレーションのCMが放送されている。 東京地裁は新潮社に300万円の支払いを命じ、東京高裁も一審判決を支持した。

米果專欄:盜用的獨家與墮落的業配

新潮 週刊

卻在臨逮捕前被警方極為蹊蹺的放了。

16
読切連載 : 「目白三平の逃亡」 創刊号は40万部を売るが、その後は20万部程度になる。 その後、門田の助言を受けて女性らが民事で池田らを訴え、裁判報道の体裁をとってこの疑惑を35回にわたって報じた。

米果專欄:盜用的獨家與墮落的業配

新潮 週刊

2008年5月15日、時津風部屋の力士暴行死事件の加害者として無関係の力士の写真を掲載した。 (朝日新聞2015年3月4日 3月5日閲覧)・・• 宮内庁は、記事内容は全くの事実無根であること、新潮編集部の取材申請(6月18日付文書)に対して、その旨を回答していたにもかかわらず当該記事が掲載されたとして、新潮編集部および編集長へ文書で抗議をおこない、訂正記事の掲載を要求した。 2007年9月27日号で、「やはり『密室』で総理を決めた『新5人組』の暗躍」として、・元自民党幹事長らが総理を決めたかに報じたことについて、野中が5500万円の損害賠償請求訴訟を起こす。

五味、柴田の人気は、剣豪小説ブームの引き金ともなった。

《週刊新潮》:安倍親信涉迷姦女大生 逮捕前卻被縱放

新潮 週刊

同年12月26日、二審の大阪高裁は「全人格自体を否定したととれる内容で名誉棄損にあたる」として、新潮社に22万円の支払いを命じた。 由於兩家雜誌社都是在星期四出刊,發行《週刊新潮》的「新潮社」通常會在2天前(周二)中午左右,製作刊登報導的地鐵車廂吊掛式廣告,再交給經銷業者分至出版社等等。 新潮社宣伝部は「見出しに偽りはないので、見出しを変えるような措置はしなかった」と説明した。

12
2005年8月、は「捜査当局から嫌疑をかけられた証拠はなく、真実と信じた相当な理由もない」として賠償金330万円の支払いを命じる。

米果專欄:盜用的獨家與墮落的業配

新潮 週刊

( 2009年2月5日 東京朝刊)• 2007年7月28日、は「真実と信じる相当な理由がない」「原告が八王子事件の犯人だと印象を与え、名誉を棄損した。

6
《週刊新潮》指出,當時27歲的這名女大生目前是一名記者。