レッスン

スタンス テニス オープン

まとめ この記事では、グラウンドストロークを打つ際の4つのスタンスについて解説をしてきました。

1
オープンスタンスとクローズスタンス、どちらが良いとは一概には言えませんが、私は絶対にオープンスタンスをおすすめします! 日本や海外のトップの選手達もオープンスタンスが主流となってきているのが現実ですしね。

軸を使った打ち方でストローク力アップ!軸の作り方を細かく解説 | ぼぶのテニスまとめ

スタンス テニス オープン

インパクト時の荷重はおよそ5:5くらいになるようなイメージです。 では実際に手打ち矯正のポイントについて書いていきます。 右足にためた体重を、ジャンプする形で、ボールにぶつけています。

18
そのためには左腕の動きを意識して自然に取り入れるようにしましょう。

テニスオープンスタンスについての質問です。オープンスタンスは右...

スタンス テニス オープン

スクエアスタンス 「スクエアスタンス」は、両足を結んだ方向がベースラインに対してほぼ直角になるスタンスです。 その場合はスタンスは常に同じで、 サーブを打つ際のトスを上げる位置で球種を変えてみましょう。 これでは少ない動きで打てるオープンスタンスのメリットがなくなってしまいます。

12
コンパクトが1番安定 とにかく軸をブラさずに安定させたいなら、コンパクトにテイクバックすることが大切です。 この動作を行うことで右腕に余計な力が入るのを予防しつつ、体をターンすることができます。

テニスのフォアハンドストロークでオープンスタンスを使う条件

スタンス テニス オープン

ジャンプして左足に体重移動するということは タイミング的にインパクトと左足への荷重が同時になっていると思われます。 ボールをちゃんと予測できてるか 例えばあなたが手打ちを予防しようとしてしっかり体を捻ったり、膝をしっかり曲げたとしてもそれだけでは手打ちを予防することは絶対にできません。

7
また、テニスの技術の習熟度や、筋力によっても自分の使えるスタンスは変わってきます。

【左折禁止!】オープンスタンスでスイングすることのメリットとは?ドロー?フェード?

スタンス テニス オープン

だから、ついクロス方向へ打つときは前にしっかり踏み込んでクローズドスタンス、のようになってしまう。

3
セミオープンスタンスを決めるまでのトレーニングなので、他のオープンスタンスのトレーニングに比べると、負荷も小さくトータルでの効果も期待できません。 軸足の置き場の 左右の斜め45度前にそれぞれもう片方の足の置き場をイメージします。

〔テニス〕オープンスタンスで打つストロークの身体の使い方

スタンス テニス オープン

体の向きを変えるにはスタンス(=足の位置や向き)を変える必要がある 体の向きを変える方法は、 スタンス(=足の位置や向き)を変えてしまうことです。

つまり意外に感覚的な表現で理論的でない場合もあるのです。 ボールを打った後、身体は180度回り、左側を向きます。

フォアハンドの手打ち矯正をはじめから丁寧に。

スタンス テニス オープン

この股関節、骨盤の動きは膝を曲げつつ、軸をしっかりたてないと上手く感じる事ができません。 テニスは、手で打つスポーツではあるのですが、フットワークが大切だからです。 条件を満たさなくてもオープンスタンスで打ったほうがいいケース 上記の条件を満たしていない場合、積極的にオープンスタンスを使わず、前足を踏み込むスクエアスタンスをオススメします。

20
つまり、自分が意図しなくても手打ちになってるのかもしれません。 スタンスとは足の位置や向き、構え方のことを指す• まずはクローズ メリット ドライブ系のボール(スピードのあるボール) 起動の低めのボール ストレート が打ちやすい。

【自宅でできるテニスの練習】セミオープンスタンスのステップでスムーズに足を決める

スタンス テニス オープン

フラットサーブ、スライスサーブ:「左足が前、斜め後ろに右足」のスタンス• しかも、威力を保ってとなると、なかなか難しい。 (テークバック時) 極端にどっちかに傾かないように骨盤の位置を下げていきましょう。 身体の反りやすさだ。

1
自分が差し込まれて、打点が後ろになった段階で、強打は無理。

〔テニス〕オープンスタンスで打つストロークの身体の使い方

スタンス テニス オープン

テニスのサーブは「スタンス」によってボールの飛ぶ方向が決まる• この時、フェースの向きを合わせてからグリップをし直しましょう。 読んでいただきましてありがとうございます!. 今回は、改めて打点を変えてコースを変える、基本を見直してみましょう。 あまり方法論(手段に)こだわらないほうが良いと思います。

13
ストロークラリーで、攻める時も守る時もどこかパニック・・・みたいな人、試合で多くないですか? 5.スタンスを決めるから、ストロークが安定する このスタンスの使い分け、が出来るからテニスはストロークが安定する。 体重移動という余計な動作がない分、慣れればオープンスタンスでボールとの距離をとるほうがやさしくなります。