岩手県知事一覧

県 知事 岩手

から、建設省の先輩にあたるの下、茨城県企画部鉄道交通課長を務め、建設の準備を4年半進め、の説得などにあたった。 - 卒業。

11
人口政策 [ ] 2014年、人口政策について「最終的には国全体の単位で、外国人の受け入れを促進するのがいいのではないだろうか」「若い外国人にとって魅力的な環境を作って、外国人の受け入れで地域の活性化を図る方法が唯一の合理的な生き残り策」「差別するような制度を『伝統』だとして残すことは、倫理的にも勘違い」「結婚せずに子育てできるような制度的な整備と社会的支援を大規模に行うべき」と提案した。 地方といえども参政権付与を安易に認めるべきではないと考えます」として、付与には反対であるとの立場を示した。

【岩手初の感染者】達増知事が語っていた「第1号になっても県はその人を責めません」

県 知事 岩手

氏は退任後の取材に、「国の的限界で…(中略)…いずれ公共事業に予算が回らなくなるのはわかっていた。 (2016年7月4日、読売新聞)• 都有地貸与問題 [ ] 東京都における在日外国人への地方参政権付与に反対し、都政の下で進められた韓国人学校増設のための都有地貸し出しについて「白紙撤回する」との見解を示した。

9
外部リンク [ ]• だから、や、など(骨格的な事業)は、先にやってしまおうと思った」と答えている。 ()『地方消滅 創生戦略篇』(2015年8月、中央公論新社、) 略歴 [ ]• - 総務大臣を退任。

岩手県庁

県 知事 岩手

ただし、この額面の中にはなど、償還経費を国が全額負担する制度となっているも含まれているため、直ちに県単独の負担といえるものではない。

妊娠・出産・産後・子育てを切れ目なく支援する「子育て世代包括支援」を構築し、女性のへの積極登用を訴えた。

達増知事 共産党委員長と懇談 志位氏にオンラインで復興状況説明<岩手県>

県 知事 岩手

知事就任して直ちに、増田県政下で常態化したコンサルタント業者への政策立案の外注を全面的に見直すことを宣言し、停滞した県庁の立案能力の復活を促した。 小沢一郎との関係 [ ] 「」としての時代の影響からか、に対する個人的な「応援」「擁護」発言が多いことで知られる。 水産業については「不漁により魚種転換も必要となっており、従来の枠にとどまらない新しい支援を要求していきます」と強調。

15
(昭和58年)• また、2010年02月10日の記者会見で「(永住外国人は)事実上、日本国籍を持った住民の皆さん」「外国人に権利を与えると国益を損なうという(外国人恐怖症)のようなものが、妙な広がり方をするのは良くない」と述べている。

岩手県庁

県 知事 岩手

- 釜石市 選挙管理委員会事務局• (2007年3月13日、読売新聞)• - 日本郵政。

11
2020年1月6日閲覧。 が「達増知事は外交は国の専管事項だと狭義に捉えている」と批判した ことに対して、達増は「活動の応援や呼び掛けはしている。

達増知事 ワクチン接種に向け早期準備に意欲/岩手

県 知事 岩手

(写真)会談する達増拓也岩手県知事と志位和夫委員長=9日 (写真)会談する戸羽太陸前高田市長と志位和夫委員長=9日 達増知事との会談で志位氏は、支援の継続・強化に加え、新型コロナウイルスの感染拡大による新たな困難についてもお聞きしたいと問いかけました。

9
身長182、体重77。

達増知事 共産党委員長と懇談 志位氏にオンラインで復興状況説明<岩手県>

県 知事 岩手

ネット上では感染者を特定しようとする動きがあり、社員の写真を無断転載されるなどの懸念もあるため、企業HPは一時、閲覧停止の対応をとった。 東京オリンピック・パラリンピック [ ] 「復興五輪」としての原点に立ち返り、を成功に導くと宣言した。

7
- 岩手県知事に再選。 これは月見坂とをバックに、中尊寺ハスを前に「」するらが描かれた。

達増拓也

県 知事 岩手

(昭和63年)• 防災政策 [ ] 密集地域の不燃化、化をスピードアップし、の一時滞在施設を大幅に増加すると公約した。 地域圏の見直し [ ] 広大な面積を有する岩手県は、地域によって異なる生活実態に応じて9の「広域生活圏」を設定し、圏ごとに設置した地域振興局を通じて行政運営を行ってきたが、の成果を踏まえて、その見直しを表明。

14
、のため83歳で逝去した。 サケやサンマなど主要魚種の不漁や消費税増税に加え、新型コロナによる消費減で生業(なりわい)の再生に大きな影響が出ており、事業者への減収補填(ほてん)が必要だと訴えました。