ノルディック柄とは?フェアアイル柄との違いも解説!

と フェア は アイル

島は1954年に、野鳥保護所の設立者ジョージ・ウォーターソンからが買い上げた。

17
ワタリガラス 超自然的能力を持つものであり、未来を運ぶメッセンジャー。

ケーブル編み・カウチン・フェアアイル…伝統的ニットウェアに編み込まれた「メッセージ」を読み解く。

と フェア は アイル

ブランドの歴史とともにご紹介します。 画像引用元: シェトランド・シープの毛色は様々で、とくに多いのは、白、ムーリット(赤茶)、黒ですが、全部で11色くらいはいるそうです。 フィッシャーマンズセーターの特徴といえば、独特な模様が編み込まれたニッティングパターンだろう。

7
水通しの詳しいやり方については下記の記事を参照してください。 フェア島の羊と糸 草木の育ちにくいシェトランド諸島の端に位置するフェア島に住む羊達はいったい何を食べて育っているのでしょうか??普通の羊達は農場や原野の草を食べていますがこのフェア島の羊達は厳しい自然環境に対応するように、海辺に打ち上げられる昆布の様な海藻と少しの草を食べて生き残るように進化したといわれています。

柄ニットの王道!❝ノルディック&フェアアイル❞柄ニットの魅力とお洒落アイテム

と フェア は アイル

漁師やハンターの着用していたデザインに影響を受けたというこのブランドのニットには、下記のような機能的にも優れた特徴がある。

5目以上同じ色が続くときは糸を編みくるむ 横糸渡し(フェアアイル)で編み込み模様を編むとき、5目以上同じ色で編む模様の場合は「編みくるみ」を行います。 品質保証として全ての製品にはニッターのサインがつけられているという点においても、インバーアランが手編みであるということは証明されている。

フェア島

と フェア は アイル

渡り糸の位置の関係で、渡り糸が下に来る色のほうが大きい目になり、やや浮き出て見えるようになるからです。 紡績すると、このように計算上の番手と上がり番手がちょっとずれることはよくあります。 『Shepley Yarn』は希少な英式紡績で作られた糸です。

5
西岸は200メートル以上の高さの切り立った断崖が続く。 ファッションに造詣の深い方であれば、ここに「ロマン」を感じ取ってもらえるのではと思う。

英国フェアアイルセーターと糸

と フェア は アイル

ツリーオブライフ 「ノルディック柄」には、生命の木とも呼ばれるツリーオブライフが用いられることも。 画像引用元: シェトランド・シープの毛色は様々で、とくに多いのは、白、ムーリット(赤茶)、黒ですが、全部で11色くらいはいるそうです。 フェアアイルセーターの特徴は、幾段にもわたり織り込まれた幾何学模様。

18
羊毛本来の色を生かすため、染色も環境に配した最小限の処理で済ませており、淡い色とナチュラルな風合いがその特徴だ。 綺麗に編もうとすれば、自ずと「何故綺麗にならないのか」を考えるようになります。

フェアアイルの ten old 「編み人の部屋」

と フェア は アイル

北欧という寒冷地という環境から、全体に編み込み模様を入れ、二重に編むことで厚手に仕上げ、保温性を高めているため、「ノルディックセーター」には厚手のものが多いのも特徴です。 もう少し思い切って試してみたくて、小さいもの ドールスカート)でも実験してみました。

編み手の癖や個性の非常に出やすい「手編み」にこだわっていながら、一枚一枚のシルエットやサイズ感などの個体差をできる限り抑えている点だ。