anko3600~3699

ゆっくり虐待小説

291票• 297票• 虐待の対象となるキャラクターに愛着を持つ人、暴力や性的な表現などに嫌悪感がある人など、「ゆっくり虐待」を好ましく見ていない人は多い。 221票• 【制裁】• 「おでがいじばず!!おでがいじばず!!おでがいじばずうううううう!! ぼがのごどならなんでもやりばず!!なんでも!!ごろじでもいいでずううう!! ごれだげはやべで!!!ごれだげはおでがいじばずううううう!!! ばりざが!!ばりざが!!ばりざがああああああああ!!!」 しばらく懇願を聞いた後、全てそのコンテナの中に放り込んだ。 ただ、苦痛を終わらせる方法はあった。

6
ついに口内に糞便が流し込まれた。 210票• ゆっく りにとって、人間を愚弄すると言う事は死に等しいのだ。

ゆっくり虐待 (ゆっくりぎゃくたい)とは【ピクシブ百科事典】

ゆっくり虐待小説

「ゆごぎぇえっ!!?」 鉤爪型の大きなフックは、 子まりさの上顎を貫通し、目と目の間を貫いて先端を露出させた。 293票• 後日談• 314票• 255票• 244票• 229票• 323票• 236票• 207票• 248票• だいりしゅっさんシリーズ• 371票• 250票• それはあの台詞を言うのだ。

1
201票• 251票• 261票• 例えば、ゆっくり虐待を取り扱う多くの創作表現コミュニティにおいては 「設定の持ち出し」「無断リンク禁止」などのローカルルールが定められている。 240票• 285票• 253票• プラネット・ゆースシリーズ• 324票• グチャッ 潰れた音がする。

ゆっくり虐待

ゆっくり虐待小説

<春>• 【小ネタ】• 吐き気と闘いながら、それでも俺は見届けなければならない。 257票• 所詮は、餡子脳。 たまらず俺はマスクを取り出して口にはめた。

4
325票• 348票• 243票• 輪は、成体サイズの子まりさの口をぎりぎりの限界まで広げられる大きさだ。 229票• 十五回ほど殴ったところで、子まりさの口が開いた。

ゆっくり虐待 (ゆっくりぎゃくたい)とは【ピクシブ百科事典】

ゆっくり虐待小説

しかし、これさえまだまだ序の口にすぎない。 297票• 227票• <春>• 285票• 217票• 赤まりさの態度に酷く怯えている。 この世の苦痛をすべて身に受けたかのような表情だ。

8
376票• 369票• 「ゆごがっばあああぁぁーーーーーーーおおおぉぉげおおおーーーっ」 糞にまみれてのたうちまわるまりさ共。

anko3600~3699

ゆっくり虐待小説

しっかりと目を通し、遵守することが求められる。

3
338票• 221票• 378票• 246票• 「兎に角、ゆっくりを見つけるか……」 探せば普通に見つかるのだが、もっと簡単な方法がある。

ゆっくり虐待

ゆっくり虐待小説

377票• てーシリーズ• 此処でストレス発散をするのだ。 221票• 261票• 300票. 「んぐ、んぎゅっ、んぐむぅううーーぅ」 ばたばたと暴れ回る子まりさを放置し、 他の子まりさ二匹と親まりさも、同じようにして口を閉じる。 244票• 321票• 安否を 確認しようと、れいむに近づく。

236票• 例えば、ゆっくりの世界観のひとつである「おやさいはかってにてくる」は、つい最近の人類も「ハエはから生まれる」と考えてきた歴史的事実を当然、想起させるだろう。 目といわず口といわずあにゃるといわず穴の中に入り込み、 全身にまとわりつく糞の悪臭に狂ったように叫び続ける。

ゆっくり虐待

ゆっくり虐待小説

366票• 【虐待】• 452票• 265票• 358票• すでに俺は、全身を覆う作業着に身を包んであった。

11
前日談• 254票• 317票• 餡子を吐き出し続け、その量が致死量を超えると、ゆっくりは死ぬ。 「ゆ……ゆ……」 白目になって、餡子が口から出ているボロボロれいむの姿があった。