てにあまる|ローチケ[ローソンチケット] 演劇チケット情報・販売・予約

舞台 て に あまる

そして老人しか知らない、男の過去の真実とは何か。 あるいは、家族を終わらせようとする物語。

19
父と息子が家族をやり直そうとする物語。

Sky presents『てにあまる』

舞台 て に あまる

おそらく、松井さんは今回の配役が決まっても、引き続き脚本に手を入れているのだと思います。

17
久しぶりに藤原くんと共演するんですが、 「藤原竜也は藤原竜也以外の何者でもない」これに尽きますね。 「1,2,3……こんなに使うんですか!?」と数を数えながら驚きの表情を見せていた。

舞台『てにあまる』インタビュー 佐久間由衣「初舞台に緊張してゾクゾク」でも「今回はすごい旅(公演)になる」

舞台 て に あまる

Story 一人で暮らす 老人(柄本明)の家に、 男(藤原竜也)がやってくる。 久しぶりだねえ」と柄本が笑顔を見せ、場の空気が和やかに。

20
『てにあまる』というタイトルはいい意味でそんな状況をあらわしているのかもしれません。

Sky presents 舞台『てにあまる』 チケット情報

舞台 て に あまる

柄本さんとはドラマの現場で少しお会いしたのですが、もっともっとご一緒したかった。 そして、俳優として目覚ましい成長を続ける高杉真宙、今作が舞台初出演となる佐久間由衣と、若手実力派のキャストも顔をそろえました。 近年の作品に『レインマン』(2018/作・演出)、『ビビを見た!』 2019/上演台本・演出 、inseparable『変半身 かわりみ 』 2019/共同原案:村田沙耶香 作・演出 など。

14
4人だけの濃密な会話劇となる本作。 その後場を変えてそれぞれが花を手にして叫んだり、佐久間が高杉に巻きつくコードを女王様のように引っ張る一幕も。

藤原竜也と柄本明が鳥栖市に!舞台『てにあまる』鳥栖市民文化会館

舞台 て に あまる

でも、その繋がりがドラマの終わりまでずっと続いていて、最後に顔を合わせたとき、そういう関係性だからこその暖かさ、大きさで共演シーンを演じられた。 今から5年ほど前のことですが、 俳優の柄本明さんに、 インタビューさせていただきました。 人妻役で相手が大、大、大先輩の藤原さん。

17
脚本は、2011年に岸田戯曲賞を受賞し、主宰する劇団サンプルの活動のほか、国内外でも注目される劇作家、 松井周による書き下ろし作品。

舞台『てにあまる』インタビュー 佐久間由衣「初舞台に緊張してゾクゾク」でも「今回はすごい旅(公演)になる」

舞台 て に あまる

こういうコロナ禍のようなことがあったからかもしれないですけれど、こうやって演劇を持ち上げていこうとする力っていうのは、若い世代が見習わなきゃなと思いますよね。 藤原竜也と柄本明が舞台の上で火花を散らす! 岸田戯曲賞受賞作家・松井周によるオリジナル書き下ろし作品を、柄本明が演出! 主演・藤原竜也と柄本明が親子役で競演! 演劇界においても、映画・ドラマ界においても唯一無二の存在感を放ち続けている怪優、柄本明。 ある家族を描きながら、人間という動物の抗えない欲望を見つめるサスペンスドラマが生まれる。

3
その様子に心が離れていく妻と部下。 頑張ります! 佐久間由衣(さくま ゆい) 1995 年 3 月 10 日神奈川県生まれ。

Sky presents『てにあまる』

舞台 て に あまる

脚本は、2011年に岸田戯曲賞を受賞し、主宰する劇団サンプルの活動のほか、国内外でも注目される劇作家、松井周による書き下ろし作品。

10
今だからこそ、人間と人間の魂のぶつかり合いを劇場で体感できる舞台『てにあまる』に、ご期待ください。 今回アートディレクションを務めるのは三堀大介。

藤原竜也主演『てにあまる』ビジュアル公開!片山慎三が激写した独特な世界観│エンタステージ

舞台 て に あまる

<2020年11月5日更新> 『てにあまる』販売座席について 当初、左右一席ずつをあけての販売を予定しておりましたが、2020年9月19日からのイベント開催制限の緩和に基づき、 会館との間で感染予防策について十分な協議を重ねた結果、『てにあまる』は通常配席での販売とさせていただきます。

現場に一種独特の緊張感が走る……が、片山が「結構前なんですが、柄本さんが出演された映画『ハリヨの夏』で僕、助監督として携わっていたんです。 藤原竜也と柄本明が親子役で共演し、高杉真宙、佐久間由衣という魅力的な若手俳優を加えた4人で繰り広げる濃密な会話劇「てにあまる」。

Sky presents 舞台『てにあまる』 チケット情報

舞台 て に あまる

まだ脚本がも上がってないからどうなるかはわからない状況ですけれど、全員が同じような想いを抱えて臨む、っていう作品になるんじゃないかな。 撮影では4人が打ちっぱなしのコンクリートの壁の前に並んで、 片山の指示のもと思い思いのポーズを見せる。

14
そして、俳優として目覚ましい成長を続ける高杉真宙、今作が舞台初出演となる佐久間由衣と、若手実力派のキャストも顔をそろえた。 …安心って言うと、変な感じかな(笑)。