(会社側)退職金を支給する際の手続き(税務署・市役所への提出書類等)

申告 例 書 退職 受給 所得 に関する の 記入

中々考えにくい事ですが、 全ての会社が良心的でもないでしょうし、 少しは警戒しておきましょう。

20
金額が大きいと同時に気になるのはその税金。 課税年とは退職所得を受け取る年のことで、会社から退職所得が支給される方は、退職日または雇用形態変更日(たとえば、正社員からパートなど)の前日の属する年を記入してください。

(会社側)退職金を支給する際の手続き(税務署・市役所への提出書類等)

申告 例 書 退職 受給 所得 に関する の 記入

1420 退職金を受け取ったとき 退職所得 [令和2年4月1日現在法令等] 1 退職所得とは 退職所得とは、退職により勤務先から受ける退職手当などの所得をいい、社会保険制度などにより退職に基因して支給される一時金、適格退職年金契約に基づいて生命保険会社又は信託会社から受ける退職一時金なども退職所得とみなされます。 少なくとも一般の従業員からすれば、 退職金をもらったら源泉徴収票も もらえるものと考えておきましょう。

18
つまり、確定申告をすれば払い過ぎた税金を取り戻すことができるので、忘れずに申告するようにしましょう。 また退職所得の受給に関する申告書の記入例は以下の通りになります。

「退職所得の受給に関する申告書」退職金で気をつけたいこと

申告 例 書 退職 受給 所得 に関する の 記入

この記事を参考に基本的な知識を学んだあと、不明点や不安があればに問い合わせてみるといいかもしれません。

20
間違えてしまった場合は、二重線と訂正印を押印しましょう。 (606KB) *直接入力後印刷 又は印刷後に手書き (208KB) K 源泉徴収票再発行申出書 (535KB) *直接入力後印刷 又は印刷後に手書き (143KB). ぜひ参考にしてみてください。

退職所得申告書の書き方で注意すべき重要ポイント3つ

申告 例 書 退職 受給 所得 に関する の 記入

損益通算とは一定期間内の利益と損失を相殺することであり、損失が出た場合利益から差し引くことで税金を減らすことができます。 損益通算をすることにより、本来の収入で払っている税金が払い過ぎとなっている場合があります。 例えば、勤続年数が45年の人の場合は、勤続年数が20年を超えているので、上の表の下段の計算式を使って、次の通り求めることができます。

8
しかし、「退職所得の受給に関する申告書」を提出せずに確定申告をしたほうがいいケースもあります。

退職所得申告書の書き方で注意すべき重要ポイント3つ

申告 例 書 退職 受給 所得 に関する の 記入

源泉徴収税額の計算方法 退職所得と退職所得控除額の二つが計算できたら、源泉徴収税額を導き出せます。 けれども、この「退職所得の受給に関する申告書」を提出していない場合には、一律に退職金の20. 前職から退職金をもらっていたとしても、A欄の勤続期間と重複しない場合には、記入する必要はありません。 退職所得の受給に関する申告書の記入例を無視すると20. 一方、提出を怠ると、退職所得の金額にかかわらず、一律20. それぞれ以下の表を参考にしてみてください。

10
どちらがいいのかを含めて見ていきましょう。 退職所得控除額が障害と一般では違うので記入ミスをしないように注意しましょう。

中退共とは別に会社からも退職金を支給する場合の退職所得の申告書の書き方

申告 例 書 退職 受給 所得 に関する の 記入

退職金を期待している会社員も多いでしょう。 そして本人が会社などに提出した後は、 会社が大切に保管し、 必要がある場合には 税務署長などへ提出するものと されている訳です。

所得税と復興特別所得税は一律20. 退職所得申告書のうち、退職者本人が書くべき部分は、氏名住所と欄です。 この場合には、退職所得を含めて確定申告を行えば、源泉徴収税の還付が受けられる場合があります。

退職所得申告書の書き方で注意すべき重要ポイント3つ

申告 例 書 退職 受給 所得 に関する の 記入

「特別徴収納入書申告書」に必要事項を記載した上で住民税を支払いましょう。

このような場合には、確定申告をした方が税金が戻ってくる可能性があります。

(会社側)退職金を支給する際の手続き(税務署・市役所への提出書類等)

申告 例 書 退職 受給 所得 に関する の 記入

書き方は、退職日の翌日、または雇用形態の変更日を記入します。 [提出方法] 退職手当等の支払者に提出してください。 たまにしか出てこない手続きなので、その都度手続きの詳細を調べていると時間がかかるためまとめてみました。

16
やはり、人間の心理として、まとまったお金が入ると羽振りが良くなってしまうものです。 面倒くさいと感じた人も多いでしょう。