礼真琴がモーツァルトそのもの!だけど不満タラタラな『ロックオペラ モーツァルト』

モーツァルト 礼 真琴

客席には、 ドーヴ・アチア氏をはじめスタッフの方が4人ほどいらしていましたが、礼真琴の技術の高さに驚かれたのではないでしょうか? モーツァルトのヤンチャな青年時代から、苦悩の人生終盤までの様々なシーンが描かれていますが、芝居力も表現力も、またコメディタッチなセンスも素晴らしかったです。

18
(一幕のみ) 衣装のドレスが ひっとんとおそろいで色違いのブルー。 (スカーレット編、1994年雪組、宝塚・宝塚)• 上手いけど面白味がない、上手いだけで個性がないと言われてきたことちゃんですが… いやいや、礼真琴は上手いから面白いんじゃん!上手いのが個性なんじゃん! はい、礼真琴、限界越えちゃってます。

宝塚でモーツァルト!上演はあるのか~礼真琴がヴォルフガングを演じる気がしてたまらない!~

モーツァルト 礼 真琴

2人はそんな「謙虚で自信家では無い」所が似ていて、そういう孤高の天才は、なかなか同じ境遇の人には巡り合えません。 映画「アマデウス」は 大好きで 何度も何度もビデオ観ましたが。

3000文字を越えましたので 第二幕は別記事にします。 ミュージカルとショーを売ってる「宝塚」は、やはり 歌唱力、ダンス力、演技力のある生徒さんがトップであってほしい。

こりゃスゴい!礼真琴さんモーツァルト♪超絶技巧の歌、極限のダンス

モーツァルト 礼 真琴

作中ではあんなにかっこよかったのに、最後にそんなかわいい姿みたら、ますます好きになっちゃいますよね。 それで正味2時間半の上演は、体力が消耗することでしょう。 『ロックオペラ モーツァルト』の感想として、「爆発した」という言葉が適切かと思いました。

5
技術面でびっくりしてしまうと同時にこの時の声量、表情、声色。

礼真琴が凄すぎる!歌うまは正義&かちゃこと&こっとん最高『ロックオペラ モーツァルト』

モーツァルト 礼 真琴

どんな悪女ぶりが見れるのか、と思っていましたが、全くそうでは無く、かわいい健気な女性で、ひっとんにびったりでした。 まこっちゃんには、ひっとんしかいない。

やはり実力派の二人 2人が初めてついた振りつけを組んで踊ったら、先生方から 「オオッ」て感嘆が漏れるほど素晴らしかったそうです。

3拍子そろった95期首席・礼真琴さん : すみれの国の秘密箱

モーツァルト 礼 真琴

あとはフィナーレの男役群舞ですよ!!小桜ほのかちゃんと音波みのりちゃんと一緒に若々しくフレッシュに歌ったあと、2人がハケて1人舞台に残り… フッ はいきた、礼真琴スイッチ入りましたー!男役さんを従えてまさに爆踊り! これがまたことちゃんの初舞台のロケット曲と同じなんですよね!アイネクライネナハトムジーク! なんて粋な選曲なんでしょう。 まとめると・・・. 同年10月14日付で星組トップスターに就任。

18
これは、【相当高かった期待をさらに超える作品なのではないか】とさらに期待値が上がってしまいますね。

礼真琴がモーツァルトそのもの!だけど不満タラタラな『ロックオペラ モーツァルト』

モーツァルト 礼 真琴

弱点のダンスもダンサーレベルではないだけで比較的踊れている方だと思いますし。 笑 かわいすぎるラブシーン なこちゃん 舞空瞳 とのシーンはどこをとってもかわいいんです!本当に楽しそうに2人ではしゃぐんですよね。

14
(1978年星組、全国)• '-'は先代次代関係あり。 この配役を知ったとき思わず声がでそうになるくらいうれしかったです。

礼真琴&舞空瞳 名コンビの予感『ロックオペラ・モーツァルト』LV感想

モーツァルト 礼 真琴

ことちゃんはこのデュエダンから始まったんだと思っていけるようなものにしたいとお話されていましたが…いや、まさにその言葉がぴったり!若きトップコンビへの期待がさらに高まってしまいました。 2009年4月に宙組大劇場公演『Amour それは…』で初舞台を踏んだ95期生です。 いつしか自分にかけられる期待に対しては謙虚さを忘れないまま、しかし自分の限界を越えるための努力を楽しむ余裕も生まれてきた気がします。

案外 ほっこりする2人、そう来たかーって思いました。

礼真琴主演『モーツァルト』のポスター解禁!かちゃ(凪七瑠海)のサリエル役が気になる

モーツァルト 礼 真琴

これだけ高い技術力をもちながらも、こっちゃんは、初日の幕があくまでは、不安とプレッシャーで押しつぶされそうだったと語っていました。 笑 ジャンプにせよターンにせよシュッと動いてピタッとキメる、メリハリのあるダンスが好きです。 2020年11月、『』 - ティリアン・パーシモン『Ray-星の光線-』(梅田芸術劇場)• そして芯の部分はすごくピュアなものがある気がします。

17
主役コンビとキャラクターそのものは合ってましたがコスプレで、お芝居では無かったのが浅くなった印象です。

礼真琴主演『モーツァルト』のポスター解禁!かちゃ(凪七瑠海)のサリエル役が気になる

モーツァルト 礼 真琴

ランキングに参加しています。 しかしエンターテイナーな礼真琴さんは、毎年ちょっとずつ変えています。

13
そして3回目は最後のアレンジがまたシビレるんですよ!音域が広すぎてこわい。 こっちゃんだけ動きが違いすぎるんですよね。