【艦これ・大和SS】提督「心が読めるインカム?」

ヤンこれ 艦これ ss

今の自分に選べる選択は二つ。 早朝から深夜まで山積みの書類を一枚たりとも逃さず目を通し、深海棲姫との戦いの指示、艦娘達の体調の管理。

14
『テレビの前の皆さん、聞いてください。 さらに、彼女たちの背後に映るのは、砲撃により破壊され廃墟と化した、大本営の建物だった。

提督「艦娘を弄んでみる」※再投稿

ヤンこれ 艦これ ss

)」 武蔵「何か言ったか?よく聞こえなかったが。

4
だが、その手から感じる力は少女の細腕とは思えないほど強力で、今にも握りつぶされてしまいそうだった。

【艦これ】色んな鎮守府の日常【SS】

ヤンこれ 艦これ ss

彼はこれから自分がどうなるかを察していたからだ。 頼んだぞ。 鈴谷、計画通りに頼みますわよ わかってるって、楽しみだね。

10
最後に、俺の質問に答えてくれてありがとう。

【18禁艦これ】ツンでキレてデレてエロ。 : 艦隊これくしょん SS

ヤンこれ 艦これ ss

俺からもちゃんと謝らないと」 「そんなことないのです! 司令官さんはちっとも悪くないのです。 当たったら許してあげる」 「当たるまで何回イクかしらね。 次の出撃に関する作戦内容を連絡しようとすれば、 「皆、それじゃ今日の出撃について……って、おいっ!?」 「フン、貴様の指示なんぞ聞くだけ無駄だ。

16
さて、テレビでも見るか」 男は手元のリモコンでテレビのスイッチを入れる。

提督「いつも俺のことを困らせる奴らに仕返しする」

ヤンこれ 艦これ ss

俺が一番よく分かっていることじゃないかw)」 提督「フッ、フハハ」 提督「フハハハハ、フハハハハハハ!なーにが艦娘だ!チョロすぎワロタwww!!!」 加賀「提督」 提督「はいっ」ビクッ 加賀「・・・」 加賀「お茶、どうぞ」 提督「あ、ありがとう」アセアセ 提督「・・・」ズズズ 加賀「・・・」 提督「(・・・気まずい)」ズズズ 提督「か、加賀がいれたお茶は美味しいなー」アセアセ 加賀「そう・・・」 提督「う、うん・・・(会話が続かない・・・)」 加賀「・・・」シュル 提督「さ、最近調子はどうだ?」 加賀「・・・順調よ」シュルパサ 提督「赤城とはうまくやれてるのか?」 加賀「・・・ええ、とてもうまく」シュルシュル 提督「そ、そうか」ズズズ 加賀「・・・」シュルファサ 提督「・・・」 提督「えっと、ところで・・・な、なぜ脱いでいるんだ?」 加賀「?」 加賀「なぜって脱がなければできないでしょう」ファサ 提督「できないって、なにができないんだ?」アセアセ 加賀「なにって、ナニですが?」 提督「え!?」ゾワッ 加賀「提督」 提督「・・・」ビクッ 加賀「最近のあなたは昔のように私に構ってくれなくなりました・・・ですがついさっき理由がわかりました」 加賀「私のことが好きでいままで避けていたのね」 加賀「さっきの私と一緒に居たいというのはそういうことに違いありません」 提督「いや、違「提督」 加賀「問題はありません、私も経験はありませんが・・・でも提督となら頑張れるわ」 加賀「うふふ、大丈夫。 それはまた、別のお話である。

17
嫌な相手に笑顔を見せるなんてつらいだろうに。

ヤンこれ、まとめました

ヤンこれ 艦これ ss

」 大和「絶対だからね、武蔵!お願いよ!」 …嘘だろ…大和がそんな風に思っていたなんて…いや、いい機会かもしれない。 どうだった?」 天龍「いや、それはまぁ、後で……」 龍田「だーめ。 子守してるんじゃないんだぞクソが」 提督「あーもう!辞めてやる、辞めてやるぞ!」 提督「しかし辞めることはみんなに言わないほうが良さそうだな。

11
霞ちゃんssもっと増えろ!. 大和はちょっとおかたづけしてきますね。

【艦これ】色んな鎮守府の日常【SS】

ヤンこれ 艦これ ss

そんなことも分からないの!?」 「ず、瑞鶴……」 「ここにはもう、貴様の指示に従う者など誰もいない。 だから皆さん、どうか私達にこれ以上の暴挙を働かせないためにも、提督の居場所を知っている方は大至急私達へ情報を提供してください。 つい集中しすぎてしまった。

1
77 ID:ymAQoNL70 とりあえずここまでです。

【艦これ・大和SS】提督「心が読めるインカム?」

ヤンこれ 艦これ ss

」 大和「いえ…お仕事お疲れさまでした。 いやあのクソウサギもダメだ。

いま、入渠している雪風と初霜が復帰すれば…) 潮「…ううっ、ぐすんっ」 響「潮、しっかり…するんだ…ひぐっ」 霞「ちょっ!?二人とも、何泣いてるのよ。

【艦これ】色んな鎮守府の日常【SS】

ヤンこれ 艦これ ss

かすみちゃん、もどってきたんですね。 そのまま食堂に行くとするか」テクテク 提督「(しかしさっきは言い過ぎたか. いいから。

3
」 大和「あの小包ですか。 」ピキピキッ ーー数時間後ーー 霞「あ、そろそろ昼ね。