集中対策、2月12日まで延長 道調整 全道に外出自粛要請も:北海道新聞 どうしん電子版

対策 北海道 期間 集中

対象は飲食店、カラオケ店、料理店、食堂など。 (斎藤徹、松尾一郎) 14日午後の対策本部会議後の会見で鈴木直道知事は、年明け以降の新規感染者の増加傾向や、首都圏などで緊急事態宣言が出されるなど全国での感染拡大を考慮したと説明。

9
そして、国や関係機関、他自治体などから医師や看護師の派遣によるご支援をいただいていることにつきましても、改めてお礼申し上げます。 まさに今が踏ん張りどころです。

北海道 新型コロナ集中対策期間 来月15日まで 1か月延長を決定

対策 北海道 期間 集中

道は15日までの新型コロナ「集中対策期間」を延長し、札幌市内全ての飲食店に時短要請を出す方針を固め、13日にも正式決定します。

8
道は15日までの新型コロナ「集中対策期間」を延長し、札幌市内全ての飲食店に時短要請を出す方針を固め、13日にも正式決定します。

北海道 コロナ集中対策2週間延長 札幌の接待飲食店休業要請へ

対策 北海道 期間 集中

道が出す1日に1店2万円の支援金では赤字が続くことになるというが、「今店にとって必要なことは、元の活気ある札幌に戻ることだ。 さらに、札幌市の人口10万人あたりの新規感染者数が週平均で15人を下回れば、医療提供体制も見ながら前倒しで解除する。 さらに最近は、院内感染で医療機関でもクラスターが多発。

14
医療機関の負担を抑えるために、軽症患者や無症状の感染者が入る宿泊療養施設の整備が急務になっている。

集中対策、2月12日まで延長 道調整 全道に外出自粛要請も:北海道新聞 どうしん電子版

対策 北海道 期間 集中

)内では座席間隔を設けなくてもよい。 今月16日以降は札幌市内全域の飲食店に、午後10時から午前5時までの営業自粛を要請し、応じた店には1日当たり2万円を支援する。 市内の接待を伴う飲食店やすすきの地区の飲食店等の利用は、22時から翌日5時までお控えください。

1
鈴木直道知事は会議で「本当につらい決断だが、一日も早く感染拡大を抑えるため、徹底した対策を講じる」と述べた。 『「新北海道スタイル」安心宣言』の取組とともに、ポスターやチラシ、お店の入り口などへの掲示などにお使いいいただくことは問題ありませんが、商品へのご使用や営利を目的とするご使用はお控えください。

【北海道の集中対策期間は3月7日まで】もう一段、感染を徹底して抑え込むために集中して取り組む期間 | 北海道江別市公式ウェブサイト

対策 北海道 期間 集中

足もとでは100人超の新規感染者が続くなど感染再拡大の兆しがあり、対策の継続・強化の必要があると判断。

19
連絡先 経済企画担当 TEL011-206-0287 【北電興業株式会社】 ほくでんグループの北電興業株式会社では、電柱広告の広告主から一定のスペースを提供してもらって地域社会に役立つ情報を公共的メッセージとして発信する「地域貢献型看板」により、「新北海道スタイル」を広く周知いただいています。

新北海道スタイルについて | 経済部経済企画局経済企画課

対策 北海道 期間 集中

(芳垣文子、本田大次郎、戸田拓). 「新北海道スタイル」に取り組まれている方であれば、お店や施設等を紹介するポスターやチラシなどに使用できるほか、『「新北海道スタイル」安心宣言』とともに、お店等の入口や内部に掲示いただけます。

3
釧路協立病院では計5人が感染した。 東海・甲信越• 道としてどのような支援ができるか早急に詰めていく」と述べ、独自に支援策を講じる考えを明らかにしました。

北海道「集中対策期間」延長決定へ

対策 北海道 期間 集中

ススキノでのクラスター(感染者集団)発生は減り、市側は「これ以上ススキノに時短を求める『大義』がない」(関係者)と時短要請の解除を検討。 ページ内リンク 【現状】• 札幌、旭川両市に限定し要請していた不要不急の外出自粛要請を全道に拡大するなどの対策強化案も検討している。

17
14日時点は1167人)を超えた場合、国に緊急事態宣言の対象とするよう要請へ 【札幌市】 ・市内全域の接待を伴う飲食店と、ススキノ地区(狸小路商店街含む)の飲食店(カラオケ店、料理店、食堂など)に、午後10時までの時短営業を要請 ・こうした対策は札幌市の感染状況が道の警戒ステージ「3」相当以下に下がるまで続ける(現在は「4」相当) ・不要不急の外出自粛を要請(旭川市では解除). 鈴木知事は「短期に強い措置を講じることで経済も早く回復させることができる。 今回の対策では飲食店での感染防止に重点を置いた。

道、集中対策を3月7日まで延長 札幌の時短は2月中:北海道新聞 どうしん電子版

対策 北海道 期間 集中

一方、支援金はこれまで国の交付金に加えて道と札幌市が出し合ってきたが、今回は札幌市は負担せず、給付事務を担う。 新規感染者数が減少傾向のなか、これまで以上の強い措置で感染を抑える方針だが、時短要請では解除を求めた札幌市との「すれ違い」が目立った。 また、札幌市では感染のリスクを避ける対策がとれない場合の不要不急の外出や、ほかの地域との行き来を控えるよう求める要請を継続します。

支援金のための負担も重くなっていた。 北海道は、道が独自に行っている2月15日までの新型コロナ「集中対策期間」を延長する方向で検討していることがわかりました。