[B!] ミサト「シンジくんの余命があと一ヶ月なんて」アスカ「えっ」 : エヴァ SS

シンジ キレ る エヴァ ss

ぜひ、ごらんくださいませ。 そしたらお茶を淹れてくれたんだ」 アスカ「ふーん」 シンジ「聞いてる?」 アスカ「アンタの話なんてこれっぽっちも面白くないから、聞いてない」 シンジ「そっか。 それは、ミサトのフィニッシュの体制だった。

14
時に姉のように、時に母のように、そして時には恋人のように。 」 (同じく小声で)ミサト「彼を隔離室へ。

【エヴァSS】シンジ「……だまれよっ!!」バンッ! アスカ「ひっ」ビクッ

シンジ キレ る エヴァ ss

」 シンジ「ごめん…。 シンジ「逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ」ガシッガシッガシッ シンジがペンペンの背骨を何度もアスカのスイートクレープに出し入れしていた。 アスカ「痛い!!痛い!!やめて!!壊れちゃう!!痛いよシンジィ!!」 シンジ「父さん!!!僕がエヴァに乗ります!!!」ガシッガシッガシッ アスカ「イタイイイイイイイイイイ!!カジサアアアアアアアアアアアアン!!ミサトオオオオオオオオオ!!」 シンジ「ええい!このボタンだ!」ガシッガシッガシッ ミサト「そこまでよ」チャキッ 銃を持ったミサトがそこに立っていた。

5
あ、そうそう、このお話はLRSです。

シンジ君だって思春期なんだ!

シンジ キレ る エヴァ ss

」(四人目…私は何?) シンジ「ネルフ本部、…戦自にやられてまだ更地?やっぱりn2兵器ってやばいんだね。 誰も居ない。 エヴァ体験系 キーワード オリ主、憑依 概要 時に西暦2000年代初頭、ネット世界では個人サイトやホームページが乱立していた。

1
だが、悲しいことにシンジがこれに気づくにはまだ時間がかかりそうである。 もう少し頭を使って考えればよかった… そうすれば」 シンジ「こんな事には…」 アスカ「違う!」ゲシッ シンジ「痛っ!」 アスカ「……………のに」 シンジ「…アスカ?」 アスカ「もっとちゃんと、産めたのに」 シンジ「…」 アスカ「…」 シンジ「あ、アスカ?」 アスカ「こっち見んな…」クルッ シンジ「見せてよ」 アスカ「うっさいこっち来んな!!顔見るな!!」 シンジ「…アスカ」 アスカ「………だけど、どうしようもなく頭に来るぐらいだけど…」 シンジ「…」 アスカ「大切にする!?」キッ シンジ「は、はい」ビクッ アスカ「裏切って捨てたりしない!?」 シンジ「し、しません!」 アスカ「…なら、全部許す」 アスカ「じゃあとりあえず、あんた家事全部やりなさいよね」フフッ シンジ「もちろん。

エヴァFFメモ ― YP

シンジ キレ る エヴァ ss

どうしたの?」 アスカ「ちょっと聞いてよ。

アスカ「……っ」ビクッ アスカ「は、はっ。

エヴァ ss シンジ キレる

シンジ キレ る エヴァ ss

お風呂あがりの愛撫は、ことの他気持ちが良かった。 53 ID:LgjOeKfs0 シンジ「量産機は量産機だけど?エヴァ五号機から十三号機まであるあのうな重シリーズ。 全ての要素は揃っていたのに」 ミサト「想像妊娠…」 リツコ「思春期の性知識の不足も手伝って、事が大きくなってしまったのね」 ミサト「なによそれ、そんなの…あんまりじゃない」 リツコ「シンジ君たちは?」 ミサト「とりあえず連れてきた。

10
シンジ「僕がエヴァを知るもっともっと昔から、アスカはエヴァパイロットとして闘っていたんだって」 シンジ「アスカのスコアを聞いて愕然としたよ。

女(エヴァ) part 1

シンジ キレ る エヴァ ss

「アスカ。 シンジ「アスカ大丈夫!頭から血が出てるよ!?」 シンジはアスカの髪を掴みぶんぶんと揺らした。 」 シンジ「…。

19
見て下さる人いたら感謝。