項王の最期(項王自刎) (現代語訳・解説あり)項羽本紀第七 史記 漢文

最期 項 王 四面楚歌 の

項王ははらはらと涙を流した。 「奈何」は、「如何」「若何」と同義で、動詞性の疑問を表し、「どうすればよいか」の意。

18
項王にこう言った、 「江東は小さくはありますが、地は千里四方、人口は数十万人、 王となるには十分の大きさです。 敗れた楚軍は防塁に籠り、漢軍はこれを幾重にも包囲した。

史記:項王の最期『四面楚歌』問題1の解答

最期 項 王 四面楚歌 の

「何ぞ」とか「何の」とか言ってるところはみんな「どうして~できるだろうか(いや、できない)。

」 項王笑曰、「天之亡我、我何渡為。

項王の最期①: 高校古文こういう話

最期 項 王 四面楚歌 の

形勢利あらずと悟った項羽は、別れの宴席を設けた。

1
ここにおける「独」は反語を表す。

項王の最期(項王自刎) (現代語訳・解説あり)項羽本紀第七 史記 漢文

最期 項 王 四面楚歌 の

(商君書・更法)」 (前世は教へを同じくせず、何の古 (いにしへ) にか之れ法 (のつと) らん。

2
これが、項羽の力を大いに削ぐ結果となります。 」 馬童面之、指王翳曰、「此項王也。

四面楚歌 現代語訳・書き下し文・読み方

最期 項 王 四面楚歌 の

子弟(してい) - 若者。 劉邦が何度も敗れ、逃亡してはまた復活を繰り返したのとは対照的である。 嘗一日行千里。

18
そして、項羽は叔父の項梁に育てられることとなったのです。

史記:項王の最期『四面楚歌』問題1

最期 項 王 四面楚歌 の

自分で。

願大王急渡 - 「どうか大王さま、いそいで渡ってください」。

『史記』「四面楚歌」・語法注解(全)

最期 項 王 四面楚歌 の

たとえ烏江を渡っても逃げ場はないので、王として最後まで戦ってほしい。 有 二 リ美人 一、名 ハ虞、常 ニ幸 セラレテ従 フ。 見かけ上この形式をとる場合、大きく二種類に分かれる。

是 こ の 時 とき 、 赤 せき 泉 せん 侯 こう 騎 き 将 しょう と 為 な り、 項 こう 王 おう を 追 お ふ。 」と言った。

項王の最期①: 高校古文こういう話

最期 項 王 四面楚歌 の

そして、その鎮圧のために項羽は各地を転戦し、個々の戦闘では常に勝利をおさめながらも、敗者に対する残酷な仕打ちは民心を離反させ、行賞の不公平・出し惜しみは多くの将兵を項羽のもとから去らせてしまいました。 配下の者は項羽の言った通りだと深く感じ入った。

)や「前世不同教、何古之法。 つねにかうせられてしたがふ。