薬屋のひとりごと(ラノベ・漫画)のネタバレ解説まとめ

の ひとりごと 猫 クラゲ 薬屋

羅門にもその能力は認められており、猫猫にはその点で嫉妬されている。

」と原作にない任氏のセリフが付け加えられています。

『薬屋のひとりごと』 1つの原作から2つの漫画? 違いは?

の ひとりごと 猫 クラゲ 薬屋

今生きている子供は東宮で一番大きな部屋に住む梨花妃と 皇帝からの寵愛を受ける玉葉妃の子供でした。 猫猫の養父であり薬の師匠でもある。 自らの経験則からアレルギーを「特定の体質に発する毒」として捉えている。

9
後宮に戻ってきた猫猫 やきもちを焼く壬氏から根掘り葉掘り聞かれますが 鈍感な猫猫は壬氏の思いに気付かず、周囲を苦笑いさせます。

薬屋のひとりごと 7

の ひとりごと 猫 クラゲ 薬屋

羅漢は本気で愛していたようで、身請けした妓女は本来妾扱いにも関わらず、彼女を実父に正妻として会わせようとしていた。 子一族と飛発の取引をしていた模様。

16
猫猫は持ち前の好奇心と薬師としての知識から 事件を解決してしまった。

薬屋のひとりごと 7

の ひとりごと 猫 クラゲ 薬屋

やはり猫猫の姉貴分だが白鈴と違い男嫌い。 逆に、ビッグガンガン版の方の猫猫を表すのに、ぴったりな言葉が中々見つからないのですが、「素直じゃない」というのが一番近いニュアンスです。 花街で生まれ育ち、飄々と、かつ、淡々と生きているように見えるヒロイン。

声が出ないが、言葉はわかる。

薬屋のひとりごとは作画がねこクラゲさんと倉田三ノ路さんの2種類あ...

の ひとりごと 猫 クラゲ 薬屋

この事件はプレイボーイで豪商の息子に 恨みを持った女性側の犯行だと推理しますが、 確固たる証拠もなかったため猫猫は真相の追及をやめるのでした。

1
妃の派手な化粧と服装は侍女が影武者のように入れ替わるのを偽装するため。

薬屋のひとりごと 7

の ひとりごと 猫 クラゲ 薬屋

1.プロローグ 主人公の猫猫(マオマオ)は後宮の下女 猫猫は薬草採取の際に人攫いにあってしまい、 後宮で働かされている可愛そうな女性でした。 猫猫より頭一つ分大きい女性としてはやや大柄。 武官として鍛えているが、猫猫の言う「危険」の意味が理解できずにケガをすることがある。

11
原作: 日向夏 ひゅうがなつ 作画: 倉田三ノ路 くらたみのじ キャラクター原案:しのとうこ 「サクサク進むストーリー」を重要視した作品 私はマンガとして先に読んだのが、前述した月刊ビッグガンガン掲載版でした。

【漫画】薬屋のひとりごと最新刊。ねこクラゲ版(ビッグガンガン)6巻が発売。サンデーGX版は7巻。

の ひとりごと 猫 クラゲ 薬屋

第3巻 2018年7月25日発売、• 漢 羅半(カン・ラハン) 羅漢の甥(異母弟の次男)で養子。 - 月刊サンデーGX• とにかく主人公の猫猫 マオマオ がドライで、美人イケメン面の造作はどうでもいいという態度が徹底されていて、恋愛が前面に押し出されているラノベが苦手な者としては、後宮ミステリに集中できてとても読んでいて快適でしたし面白かったです。 6巻・・「宮廷編1・2」• 猫猫自身も玉葉妃付きの侍女の立場をわきまえながらも、彼女に好意を抱く。

10
頭脳明晰で何事も俯瞰して物事を見るクールな反面 感情をどこかに置いてきたような重さもある上に 薬オタクである変人。