「学問のすゝめ」の全文と現代語訳

の すすめ 学問

社会科の地理を学んだら、日本国中はもちろん、世界の風土なども知ることができるから、旅行するときにも便利だし、 理科で「物の性質」を学んだら、それがどんな働きをするのかを知ることができるし、 歴史を学んだら、日本どころか世界中で何が起こってきたのかを知ることができるんですよ。 『』訳・解説、、2004年6月。

10
全十七編に渡り、学問の大切さを説いている作品です。

西部邁・佐高信の学問のすゝめ

の すすめ 学問

これを散ずれば明なり、これを集むれば暗なり。 他人の権利を妨げさえしなければ自由に行動することができる。 まとめ 福沢諭吉の「学問のすすめ」について解説しました。

また今の洋学者流も依頼するに足らず、必ずわが輩の任ずるところにして、まずわれより事の端を開き、愚民の先をなすのみならず、またかの洋学者流のために先駆してその向かうところを示さざるべからず。 学問のすすめのエッセンスだけを紹介しましたが、 興味があれば、ぜひすべてに目を通してみては どうでしょうか? 今読んでも、古くささは感じないはずです。

福沢諭吉 学問のすすめ

の すすめ 学問

一度も経験したことがない、やったことがない人に、批判をする権利はないのです。

17
*3」と。

学問のすゝめとは

の すすめ 学問

例えば、知識だけを会得した人間は他人のことをよく批判します。

15
『』岩波書店〈岩波文庫〉、2001年6月15日。 また、人は、万物の霊長たる人間の身と心の働きをもって、 天地の間にある万物を活用して衣食住の必要を満たし、人々がお互いに妨げをしないで、 おのおの安心してこの世を自由自在に渡ることができるはずである。

学問のすすめ(福沢諭吉)のあらすじ | あらすじ

の すすめ 学問

(現代語訳・斎藤孝) ちなみに、この点に関して、斎藤孝先生は、以下のようにも補足されています。 「人間が平等であるという大前提を理解せず、貧富や強弱の有様の違いを悪用し、政府が金と権力で、貧弱な人民の権利や存在意義を踏みにじるからだ。

3
西洋の 諺 ( ことわざ )に「愚民の上に 苛 ( から )き政府あり」とはこのことなり。

學問のすゝめ. 初編

の すすめ 学問

日本に於ける著作権の確立は、この頃の福沢の抗争が与って大きな力のあったことは争えないところである。 『学問のスズメ ショート・ショート』川村貴司、1971年。 私も生物関係の記事を良く書くので、生物関係で引用されたのかと思ったら、まさかの算数でした。

8
この国の今の時代に産まれて、国のことをきちんと考えられる人ならば、身体や心を痛めるような心配をする必要はありません。 けだしその官にあるはただ利これ 貪 ( むさぼ )るのためのみにあらず、生来の教育に先入してひたすら政府に眼を着し、政府にあらざればけっして事をなすべからざるものと思い、これに依頼して宿昔青雲の志を遂げんと欲するのみ。

福沢諭吉「学問のすすめ」を今こそビジネスパーソンが読むべき理由

の すすめ 学問

書誌情報 [ ] 福沢諭吉・共著『学問のすゝめ』(初版、1872年) 初版本 [ ] 初版本は活版印刷で縦18cm・横11. 知性と正直な心があれば、自然と人望は得られるものです。 諭吉の主張の根底には「人間は独立して生きるべきだ。 それは「学ぶことの重要性」です。

11
そうであるならば、天から人が生ずる以上、万人が万人みんな同じ身分のはずで、 生まれながらにして貴い賤しい(身分が高い低い)といった差別はないはずである。

西部邁・佐高信の学問のすゝめ

の すすめ 学問

このような精神の働き、つまり自分の頭で考えて行動すること、こそが学問の本質であります。

2
そんな父は身分としては、下級武士に属し、 特に出世することもなく、諭吉が2才の時に この世を去っています。 他人が何をやっていようと、何を言おうと、余計な口出しは無用だと言います。

学問のすゝめとは

の すすめ 学問

それなのに賢い人と愚かな人がいて、富める人と貧しき人がいるのは、つまるところ教育の問題である。

後半の数章で、生活上の心構え等の持論を述べて終わる。