シール剥がした後のベタベタの取り方は?身近な材料で簡単な方法!

ベタベタ 取り 方 テープ

ガムテープ跡の取り方 〜ガラス・金属・陶器〜 接着面の材質が、ガラスや塗装されていない金属、陶器の場合、 除光液やライターオイル、灯油を使うことで、ベタベタのガムテープ跡を取ることができるんですね。 注意点は以下の2つ!• 4, 乾いてカサカサしているなら、灯油をスポンジに付けて擦ります。 使い方は簡単で、スクレーパーを使い、あとはふき取るだけです。

14
ホームセンターなどで売っていることが多いですが、もし売っていない場合は通販でも購入することができます。

ガムテープなどのベタベタ取る方法や綺麗にはがす方法は?

ベタベタ 取り 方 テープ

また、上にも書きましたが、 プラスチックや塗装品などの場合は 除光液やラッカーシンナーを使うと 変質する可能性があるので使用しないで下さい。

3
数分後に綺麗な布で そのまま拭き取る事ができますが、 なにぶんピーナッツバターは油。

粘着テープのベタベタを取りたいのですがプラスチックの上についてるで...

ベタベタ 取り 方 テープ

セロハンテープのベタベタ跡を取る方法 では続いて、どうしても付いてしまった セロテープのベタベタ跡の取り方 をお伝えします。

11
また、今回は一般的な台所用洗剤を使用しましたが、 オレンジオイル配合の中性洗剤があればより効果的にガムテープ跡を取ることができるので、ぜひお試しくださいね! ガムテープ跡の取り方 〜木・厚紙 等〜 接着面の材質が木や厚紙等の場合、金属やプラスチックで使用したような液体は、染み込んでシミになってしまうので使えませんよね。

【ビニールテープのベタベタを取る方法】簡単!!おすすめの粘着汚れの落とし方を紹介!

ベタベタ 取り 方 テープ

しかし酢は気をつけないといけません。 そんな場合は次のどれかを使って、一気に落としてしまいましょう。 163• シール剥がし専用のヘラがなくても、定規などのプラスチック製品などでも代用が利きます。

12
無水エタノールと綿棒 綿棒の先にエタノールをつけて、跡が残っている箇所に綿棒で優しくエタノールを付着させてみましょう! 消しゴム 単純にベタベタ部分を消しゴムでこする。

両面テープをはがした後にできるベタベタの取り方

ベタベタ 取り 方 テープ

紙製のガムテープは粘着力が弱いので不向きです。 ドライヤーを使う セロハンテープの粘着剤は、 温めることによって、 劣化して硬くなっていても、 柔らかくすることができます。 粘着剤を温めた後 指で丸めて取れれば一番良いですが、 強力な粘着力な場合は 家にある以外なものを使って 「シール剥がし」を使わなくても 取れる場合があります。

ガムテープの角を少し剥がしてみて、きれいに剥がれるようならゆっくり少しずつ剥がしていきましょう。 市販のシールはがし剤を使う場合でも、プラスチックに使用できるものとできないものがあるので注意が必要です。

【ビニールテープのベタベタを取る方法】簡単!!おすすめの粘着汚れの落とし方を紹介!

ベタベタ 取り 方 テープ

下地の材質がプラスチックなどの熱に弱いものは、変形する恐れがあるので注意が必要です。 ティッシュをセロハンテープの上に被せ5分放置。

20
粘着跡を残さないための対策 剥がし方はいくつかあるものの、 壁などには不向きが多いのも事実です。

両面テープをはがした後にできるベタベタの取り方

ベタベタ 取り 方 テープ

香りも良く、体にも優しい取り方となります。

セロハンテープって、 便利ですよね。

粘着テープのネバネバ取り

ベタベタ 取り 方 テープ

ごく一般的なシリコーンやエタノール等、溶剤を含んだピアノや木製家具用のワックスなら、効果を発揮します。 特にガラス窓などは行わない方が良いかもしれません。 まとめ ガムテープの剥がし残しやベタベタ跡には、色々なガムテープの剥がし方があります。

19
と言うことで、一手間かかりますがより強力な方法もご紹介しておきます。 次の記事はこちら 服についたカビの取り方! 黒カビの対処法はコレ! カテゴリー• そして、剥がし残ったガムテープの跡にまんべんなくライターオイルを塗布して、粘着剤に染み込ませていきます。