秋篠宮さま後悔する「紀子さまとの結婚」 関係者「離婚寸前」と肩を落とす

の 皇室 菊 カーテン 局 報道

小室圭さんの出現により、秋篠宮家の化けの皮がはがれ始めています。 そんな政権の意向が反映され、報道が参院選後になったとも言われています」 自民党幹部 天皇の胸中を知りながら、報道各社は安倍政権の顔色を窺って、選挙を理由に報道を控えた可能性があるというのだ。

4
皇室の贈答品? 菊のカーテンはむしろ一層厚くなっている節さえあるということだ。

【菊の紋ニュースとは】最近皇室バッシングとも取れるニュースを見ますが、彼...

の 皇室 菊 カーテン 局 報道

あらましこのように答えた。

18
「忘れてはならない四つの日」「ゆかり発言」「陛下と『水』」「忠恕」など、少し角度の違う話も盛り込まれている。 なぜ、いま、このタイミングでの報道なのか。

<メディア時評・天皇皇室報道>祝い一色に危険性も 菊のカーテン 一層厚く

の 皇室 菊 カーテン 局 報道

何気ない気遣いの一言も自己愛性人格障害者にかかると、 「雅子さまにこんなイヤミを言われているアテクシかわいそうでしょ?」という印象操作された情報が、日本全国にばらまかれます。

jpg 」というファイル名を掲載している記事が複数存在する。

「皇室報道局」の正体と皇室フェイクニュースビジネスの闇

の 皇室 菊 カーテン 局 報道

今回取り上げたいのは、『入江日記』の次の一節である。 どれも捏造なので天皇ご一家にも秋篠宮家にも上皇上皇后両陛下、ほかの皇族方にもただただ失礼な話です。

資源を集中させるため、「菊ノ紋ニュース」以外の新規サイトは全て更新を停止した• 美智子上皇后と結託して雅子皇后を25年以上いじめぬいた、秋篠宮妃紀子さま。 昭和38年3月24日:又東宮妃のことが 不愉快に思ひ出される。

紀子様の怖い正体 したたかな皇位簒奪計画を雅子皇后は防げるか

の 皇室 菊 カーテン 局 報道

というのも、この儀式は、次の天皇家は秋篠宮家であることを世界中に示す、まさに一世一代の晴れ舞台です。

7
情報源はいったい、誰なのか。 およそ皇室メディアとしての風格がカケラも感じられない、個人ブログかと勘違いしてしまいそうなほど簡素で質素で貧相なデザイン。

「菊のカーテン」とは?

の 皇室 菊 カーテン 局 報道

即位記念DVDを製作 宮内庁 時事通信ニュース• 日本国中が天皇吐血に始まり、新聞紙面では連日1面で「今日のご病状」が報じられ、日本国中に「自粛」の渦が巻き起こった。

7
知られざる「宮内庁」を支配する「オモテ」と「オク」 Smart FLASH[光文社週刊誌] SmartFLASH• 紀子さまは先日のお誕生日での近影ビデオで殿下が小刻みに手を震えさせるという光景が世に広まってしまったことを大変お嘆きですから、平時よりきつく殿下をお叱りになり、それを発端に悠仁さまのご進学先や、眞子さまの件などについて言い争いが起きてしまったのです。

<メディア時評・天皇皇室報道>祝い一色に危険性も 菊のカーテン 一層厚く

の 皇室 菊 カーテン 局 報道

私はこれまでいくつものサイトを運営し、宮内庁のみならず美智子さまからもご高覧いただく「宮内庁御用達サイト」にまで成長しましたが、幾度か先方より「過激すぎるのではないか」と運営方針の変換を提案されていました、この度より具体的に提案を頂くことにったのですが、 要は記事の内容よりも、 国民の皆様から寄せられるコメントを読むのが辛いからその対処をして欲しい、ということでした。 一般人や芸能人が名誉を毀損された場合、本人やその代理人が裁判を起こしますが皇室の方々の場合は内閣総理大臣が原告になります。 記事の内容を信じちゃうのと、それに乗じてあんな酷い言葉まで吐けるという二重苦。

14
その大きなヤマ場であった死去に際しては、新聞は2千万部といわれる号外を発行し、通常は朝刊にある社説を夕刊に掲載した。

秋篠宮さま後悔する「紀子さまとの結婚」 関係者「離婚寸前」と肩を落とす

の 皇室 菊 カーテン 局 報道

記事の内容もそうだけど、それに乗じて皇室に対する悪意を剥き出しにしてコメントを書き込む人がこんなにいるのかと。 悠仁さまの教育もなんだかおかしなもので、皇族にとっていろいろと安心な学習院大学には通わせず、お茶の水小学校や付属中学に通わせ、東大を目指すそうな。

たとえば2018年5月ごろの「週刊現代」の記事で、雅子さまが紀子さまに「本当に大変ね」と声を掛けた、という報道がありましたが、覚えていますか? 雅子さまは礼儀上、他意なく声をかけられただけなのかもしれませんが、紀子さまのカンにさわったらしく、仕返しとばかりにお気に入りの記者を通し、「雅子皇后が小室圭さんのことで紀子さまにイヤミを言った」という趣旨の記事に早変わり。 唯一、批判的と読みえる記述は 「人間だから、勿論欠点もあろう」という昭和天皇の言葉を紹介した一節だ。