「戦々恐々」、元々何についての言葉? 【ことば検定プラス】

の 意味 戦々恐々

「ことば検定」今日の問題 戦々恐々、元々何についての言葉? 青 戦場での作戦 赤 君主を諫める言葉 緑 鉛筆でつつかないで ことば検定の答え 答えは 赤 君主を諫める言葉 ヒント:「戦々恐々」の語源は、「詩経(しきょう)」と呼ばれる中国の書物に記載された、「戦戦兢兢 如臨深淵 如履薄氷」だとされています。 他にも「戦々恐々と~する」のように、~の部分に動詞を入れても使えます。 「意気消沈」や「我田引水」のように、前の二字熟語と後ろの二字熟語が主語・述語の関係や修飾・被修飾の関係であるもの。

10
その中の一文に、以下のようなものがあります。 「戦々恐々」を使った例文• 戦々恐々を戦々競々と書けばプラスの意味の使い方も 「戦々恐々」という漢字で知られているこの言葉ですが、もともとは「戦々競々」と書き、「恐れ慎んで敬う」という謙虚ないい意味を表すこともあります。

戦々恐々の意味とは?類語や対義語と使い方や例文も

の 意味 戦々恐々

戦々恐々は「せんせんきょうきょう」と読みます。 言葉の意味をしっかり理解して使える能力は、どんな場面においても自分を守ってくれます。

13
まとめ 「戦々恐々」の意味は「恐れビクビクしている様子」また「畏れ慎む様子」という二つの意味を持つ言葉です。

戦々恐々の意味とは?類語や対義語と使い方や例文も

の 意味 戦々恐々

読み方 戦々恐々 せんせんきょうきょう 意味 恐れ戦き、びくびくしている様子。 「恐れ戦くこと」「怯えること」の対義語ですから、当然「どっしりと構え、物事に動じない様子」「落ち着いている様子」といった意味の四字熟語が挙げられます。

19
最初の具体例では、山岳地帯で遭難した人を救出すべく必至な活動が行われていますが、心の中では「どうなるかわからない」という先行きの不安を募せた心情を表しています。 震災で物流が止まり、戦々恐々とした思いに駆られる• 類義語 戦々慄々、小心翼々、跼天蹐地など 対義語 泰然自若、神色自若、余裕綽々など 英語訳 trembling with fear 恐怖で震える ,be afraid of ~を恐れる など 「恐れる」「震える」といった言葉は日常生活でよく使う言葉で、ほとんどの人が知っている言葉です。

戦々恐々、元々何についての言葉?【ことば検定】 答え林修

の 意味 戦々恐々

戦々恐々の例文• 「戦々恐々」使い方• 「戦々恐々」の現在の意味 戦々恐々の現在の意味は「おそれおののく様子。 「戦々恐々」も、そのような言葉の背景を思い浮かべながら使うと楽しみが増すかもしれません。 「戦々恐々」を英語で表現すると? 最後に「戦々恐々」の英語フレーズについて触れてみます。

若者が使うような「夜露死苦」などのような言葉は四字熟語とは言えないようです。

「戦々恐々」の意味と語源とは?使い方や類語・対義語も紹介

の 意味 戦々恐々

下記でそれぞれの例文を挙げてみます。

5
「深淵」、つまり"断崖絶壁に臨むように、薄氷を履むときのように、恐れを持って慎重に行動すべきだ"という内容になります。 これが一般的によく知られている戦々恐々の意味ですが、実は「物事に対して腰を低く構え、慎みを持って謙虚にしている様子」という意味もあります。

「戦々恐々」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

の 意味 戦々恐々

さらに「恐々」の「恐」は恐れていることを表すため、二つの言葉が組み合わさって「恐れをなしてビクビクする」という意味になるのです。 予めご了承ください。 この言葉の成り立ちから、何かをとても恐れてびくびくとしている様子が想像できますね。

この2つの象形的な意味から語源を見ていくと、面白いことが見えてきます。

「戦々恐々」の意味と語源とは?使い方や類語・対義語も紹介

の 意味 戦々恐々

どちらも自分に自信があり、不安や恐怖感のない堂々とした様子がうかがわれます。

6
trembling with fear(恐怖に震える) 【例文】•。

戦々恐々の意味とは?類語や対義語と使い方や例文も

の 意味 戦々恐々

戦々恐々の由来 「戦々恐々」とは、元々は中国の「詩経」にある言葉で、当時の王様、幽王を諫めるための言葉でした。 たとえ豪胆な性格であったとしても、厄介なことになりそうだと怖くなっても仕方ないでしょう。 「挙句(あげく)」は「連歌・連句の最後の七・七の句のこと」転じて、「終わり・結局」という意味を持ちます。

この一説には「戦戦兢兢」という言葉が使われており、これが戦々恐々の語源とされています。

「戦々恐々」とは?意味や使い方を解説!

の 意味 戦々恐々

この文章が戦戦兢兢という言葉が最初に使われたものだとされています。

2
使い方としては「Aの挙句B」となりBには大抵悪いことが当てはまります。 新入社員の頃は常に戦々恐々を意識して教えを乞う態度で行動していたのを思い出す 例文5. 彼の、人を戦々恐々とさせる威圧感を前にして、子供たちはみな泣き出してしまった。