King Gnu Overflow æ­ŒčŠž

手 æĻめ

13īŧš 下手å‡ēし投げ【したãĻだしãĒげ】 č…°ã¯å…Ĩã‚Œãšã€č‚˜ã‚’įˇ ã‚ãĻäŊ“を開き下手からį›¸æ‰‹ã‚’地ãĢ這わせるようãĢ投げる。 65īŧš åŧ•ãŖæŽ›ã‘ã€ã˛ãŖかけ】 įĢ‹ãĄä¸ŠãŒã‚Šã‹ã€įĒãŖåŧĩられたときかãĢč‡Ē分ぎäŊ“ã‚’čēąã—、å‡ēįĢ¯ãŽį›¸æ‰‹ãŽåˆŠãč…•ã‚’č‡Ē分ぎ手ãĢåŧ•ãŖ掛けãĻ前ãĢæģり倒すか土äŋĩ外ãĢéŖ›ãŗå‡ēさせる技である。 一čˆŦįš„ãĒプロãƒŦ゚技であるã‚ŗã‚ŗãƒŠãƒƒãƒ„ã‚¯ãƒŠãƒƒã‚ˇãƒĨããŽã‚‚ãŽã ãŒã€ããŽå¨åŠ›ã¯å˛ŠįŸŗãŽč‚‰äŊ“を持つã‚ļãƒģé­”é›˛å¤ŠãŽé ­éƒ¨ã‚’åŽŒå…¨ãĢį˛‰į •ã™ã‚‹ãģお。

10
éĄŽã§į›¸æ‰‹ãŽč‚Šã‚’įˇ ã‚ã€č‚˜ã§į›¸æ‰‹ãŽč‚˜ã‚’æĨĩめるぎがã‚ŗツとされる。 ところが、åŊ“初ぎ「æ†ļæ¸Ŧ」で構į¯‰ã—た感染寞į­–ãĢäģŠã‚‚į¸›ã‚‰ã‚ŒãĻ、č‡Ēã‚‰ãŽčĄŒå‹•ã‚’é›å­—æĻめãĢしãĻいるäēēやįĩ„įš”もあるだろう。

ã€Œåą‹å¤–ã§ãŽãƒžã‚šã‚¯ã¯ä¸čĻã€é–“違いだらけぎã‚ŗロナ寞į­–ã‚’å°‚é–€åŽļが指摘するīŧ

手 æĻめ

もう、そぎæŽĩ階ãĢæĨãĻいるぎだろう。 į›¸æ‰‹ãŒäŊŽãč…°ãĢ喰いついãĻ寄ãŖãĻきた時、į‰‡æ‰‹ã¯æ™Žé€šãŽä¸Šæ‰‹ãŽå–り斚で、もう一斚ぎ手ではį›¸æ‰‹ãŽč‚ŠčļŠã—ãĢ、元々取ãŖãĻいた上手とæ‹ŗをä¸ĻずるようãĢしãĻ上手を掴ãŋ、打ãŖæŖ„るようãĢ振り捨ãĻる。

3
ãƒģ 「į›¸æ’˛ä¸ƒåæ‰‹č§ŖčĒŦ」 åˆĨ冊į›¸æ’˛ į§‹å­Ŗåˇã€Œå›Ŋ技į›¸æ’˛ãŽã™ãšãĻ」ベãƒŧ゚ボãƒŧãƒĢãƒģマã‚Ŧジãƒŗį¤žæ‰€åŽã€åšŗ成īŧ˜åš´ ãƒģ 下åŽļįžŠäš…「新č§ŖčĒŦ 大į›¸æ’˛æąēぞり手70手」 「į›¸æ’˛ã€įˇ¨é›†éƒ¨ įˇ¨ 「æąē厚į‰ˆīŧå¤§į›¸æ’˛čĻŗæˆĻ道場 į›¸æ’˛ãŽæĨŊしãŋ斚教えぞす」ベãƒŧ゚ボãƒŧãƒĢãƒģマã‚Ŧジãƒŗį¤žæ‰€åŽã€åšŗ成12åš´ ãƒģ 「より明åŋĢãĢã€ã‚ˆã‚Ščˆˆå‘ŗæˇąãīŧã€ 「į›¸æ’˛ã€åšŗ成13åš´īŧ‘æœˆåˇã€ãƒ™ãƒŧ゚ボãƒŧãƒĢãƒģマã‚Ŧジãƒŗį¤žæ‰€åŽ äģ–ãĢå‚č€ƒãĢãĒるもぎとしãĻ、 ãƒģ 金指åŸē åŽŸč‘— ãƒģå…Ŧį›Šč˛Ąå›Ŗæŗ•äēēæ—ĨæœŦį›¸æ’˛å”äŧš į›ŖäŋŽ 「į›¸æ’˛å¤§äē‹å…¸ įŦŦ四į‰ˆã€įžäģŖ書館、åšŗ成27åš´ 初į‰ˆīŧšåšŗ成14åš´ ãƒģ į§€ãŽåąąå‹ä¸€ã€Œæ–°č§ŖčĒŦ į›¸æ’˛æŠ€å…­åå…Ģ手」 「į›¸æ’˛ã€æ˜­å’Œ32åš´īŧ˜æœˆåˇīŊž33åš´īŧ”月åĸ—åˆŠåˇã€ãƒ™ãƒŧ゚ボãƒŧãƒĢãƒģマã‚Ŧジãƒŗį¤žæ‰€åŽ ãƒģ į§€ãŽåąąå‹ä¸€ã€ŒæĨŊé›…č¨˜å››åå…Ģ手」 「į›¸æ’˛ã€æ˜­å’Œ37åš´īŧ—æœˆåˇīŊž38åš´11æœˆåˇã€ãƒ™ãƒŧ゚ボãƒŧãƒĢãƒģマã‚Ŧジãƒŗį¤žæ‰€åŽ 送り倒しãĢついãĻは、 ãƒģ į§€ãƒŽåąąå‹ä¸€ã€Œæ˜Ĩ場所随æƒŗ マイクを通しãĻ」 「į›¸æ’˛ã€æ˜­å’Œ29åš´īŧ”æœˆåˇã€ãƒ™ãƒŧ゚ボãƒŧãƒĢãƒģマã‚Ŧジãƒŗį¤žæ‰€åŽ čĄ›æ˜Ÿæ”žé€é–‹å§‹ 昭和62åš´īŧ—月īŧ”æ—Ĩ ãĢよる大į›¸æ’˛ä¸­įļ™æ‹Ąå¤§ã‚„嚕下äģĨ下ぎæąēぞり手į™ē襨ãĢついãĻは、 ãƒģ įˇ’æ–šå–œæ˛ģ「åēãƒŽåŖからテãƒŦビ中įļ™īŧīŧŽīŧ¨īŧĢčĄ›æ˜Ÿå¤§į›¸æ’˛æ”žé€äŊ“é¨“č¨˜īŧã€ 「åˆĨ冊グナフīŧŽīŧ¨īŧĢ 大į›¸æ’˛į‰šé›†ã€æ˜­å’Œ62åš´į§‹å ´æ‰€åˇã€æ—ĨæœŦ攞送å‡ēį‰ˆå”äŧšæ‰€åŽ ãƒģ ã€Œč§’į•Œãƒˆãƒ”ック゚」 「į›¸æ’˛ã€æ˜­å’Œ62åš´īŧ˜æœˆåˇã€ãƒ™ãƒŧ゚ボãƒŧãƒĢãƒģマã‚Ŧジãƒŗį¤žæ‰€åŽ įĻæ‰‹ãĢついãĻã¯ã€ä¸Šč¨˜ã€Œį›¸æ’˛å¤§äē‹å…¸ã€ 「įĻæ‰‹åå‰‡ã€ãŽé … 所収ぎ「寊判čĻå‰‡ įĻæ‰‹åå‰‡ã€įŦŦīŧ‘æĄå„é …ãĢよる。

åĨŗį§˜å¯†æœæŸģåŽ˜ã€å •ãĄã‚‹01

手 æĻめ

そしãĻčŖåˆ‡ã‚Šį”ˇã¯ä¸‡ãŒä¸€ãĢもį§ã‚’æ­ģãĒせãĒã„ã‚ˆã†ã€č¨€ãŖたぎだ。 およそ半数ãĢついãĻは、写įœŸã‚’åˆĨãĢčŧ‰ã›ã‚‹ 写įœŸå¸– ãƒģãƒģãƒģãƒģãƒģ。 č‹Ĩい頃よりåĨŗ性įš„ãĒ丸ãŋも帯ãŗãĻ、į”ˇæ€§ãĢとãŖãĻは魅力įš„ãĢ違いãĒい。

9
丁字åŊĸãĢ重ãĒり倒れるそぎåŊĸが撞木ãĢäŧŧãĻいるところからついた名前。 51īŧš 内į„ĄåŒã€ã†ãĄã‚€ãã†ã€‘ č‡Ē分ぎ上手側ぎ手を内čģĸさせãĻį›¸æ‰‹ãŽåˇŽã—手ぎ斚ぎ内č…ŋãĢåŊ“ãĻãĻ払うようãĢしãĒがら、 č‡Ēåˆ†ãŽåˇŽã—æ‰‹ã§åˇģくようãĒ恰åĨŊでäŊ“ã‚’æģるとį›¸æ‰‹ãŽåˇŽã—æ‰‹ã¯č‚Šã‹ã‚‰æĨĩぞãŖãĻ倒れるというもぎ。

į†Ÿåš´įˇŠį¸›č˛Ŧめ

手 æĻめ

しかも手åŖぞで同じとは悔やんでも悔やãŋ切れãĒいが、大いãĢįˇŠåŧĩしãĻįĩ„įš”とぎ寞æąēãĢ č‡¨ã‚“ã§ã„ãŸį§ãĢã¯ã€æ‚˛ã—ã„ã‹ãĒそぎį”ˇãŽæ­ŖäŊ“ã‚’čĻ‹į ´ã‚‹äŊ™čŖ•ã¯ãĒかãŖたぎがæ­Ŗį›´ãĒ所だ。 もう昨æ—Ĩぎおæ˜ŧ前くらいから常ãĢį•°å¸¸ãĒæŦ˛æƒ…ぎį†žįĢをį‚šã•ã‚ŒãĻいるようãĒ全čēĢがいよ いよã‚Ģãƒŧッとį†ąããĒり、とりわけ最もåŧˇįƒˆãĢ攚造されãĻしぞãŖãŸã‚ãŽãŠãžãžã—ã„č‚‰åĄŠãŒ ã‚°ã‚°ãƒƒã¨č†¨ã‚‰ã‚“ã§įˇŠã‚„かãĢč„ˆå‹•ã—ã€č§Ŗ攞を望んでいるようãĒ気配はあãŖたぎだ。

5
36īŧš čļŗ取り【あしとり】 į‰‡æ‰‹ã§į›¸æ‰‹ãŽč…ŋを外側から、 もう一斚ぎ手では内側からčļŗéĻ–čžēりを取り、č‡Ē分ぎ頭は取ãŖたčļŗぎč…ŋãĢつけãĻ靠れčžŧãŋ、こうしãĻ倒すかæŠŧしå‡ēすもぎ。 å†Ĩåēœé ­åŖŠæ‰‹ įŠē中ぎį›¸æ‰‹ãŽéĻ–ãĢ手刀をįĒãįĢ‹ãĻ、そぎぞぞčŊ下する技。

もう遅い もう遅いぎかīŧŸ もう遅い äģŠæ›´é…い äģŠæ›´é…いīŧŸīŧˆ57577īŧ‰

手 æĻめ

22īŧš 外掛け【そとがけ】 ä¸Ąč¤Œã‚’č‡Ē分ぎ斚ãĢåŧ•ãã¤ã‘ãĻ、č‡Ē分ぎčļŗをæ•ĩぎįœŸã‚“前ぎ斚ぎčļŗぎ外側へ掛けãĻ倒すか土äŋĩからå‡ēす技。 23īŧš æ‰‹æ–§æŽ›ã‘ã€ãĄã‚‡ã‚“ãŒã‘ã€‘ į‰‡æ–šãŽčļŗå…ˆã‚’æ›˛ã’ãĻã€å¯žč§’įˇšå´ãĢあるį›¸æ‰‹ãŽčļŗãĢ内側から掛け、寄るãĒりįĒããĒりæģるãĒりしãĻ倒す技。

1
äŊ†ã—、éĻ–ã‚’åˇģいãĻぎ上手投げや、į›¸æ‰‹ãŒäēŒæœŦå…ĨãŖãĻいるときぎ上手投げは、ともするとå‡ēčļŗをčĒ˜ã„ã‹ã­ãšåąé™ēである。 é•ˇã€…ã¨æ‹˜æŸã•ã‚ŒãĻいる間ãĢ、į”ˇé”がį§ã‚’æŽēさずäŊ“ã‚’į‹™ãŖãĻいるäē‹ã¯å¤§äŊ“察しがäģ˜ã„ãĻい たぎだが、いきãĒり娘ぎäē‹ã‚’æŒãĄå‡ēされãĻは下手ãĢæ­ģãŦäē‹ã‚‚å‡ēæĨãĒくãĒãŖãĻしぞãŖた。

åĨŗį§˜å¯†æœæŸģåŽ˜ã€å •ãĄã‚‹01

手 æĻめ

20īŧš 掴ãŋ投げ【つかãŋãĒげ】 上手であろうと下手であろうと一æœŦåģģしを掴ãŋ、į›¸æ‰‹ã‚’įœŸä¸ŠãĢエイと吊り上げ、åŗåģģしからãĒらåŗへ、åˇĻåģģしからãĒらåˇĻへ振りéŖ›ã°ã™ã‹ã€ ぞたは、ブãƒŗと掴ãŋ上げざぞåģģしを攞しãĻį›¸æ‰‹ã‚’äŋ¯ã›ãĢčŊとすåŧˇåŧ•ãĒ技。

č‡ĒåŽŗã™ã‚‹åŠ›ã™ã‚‰å¤ąãŖãŸãƒãƒĄã‚ˇã‚šã‹ã‚‰ãŽčĻčĢ‹ã§ãƒãƒĄã‚ˇã‚šã‚’å‡Ļ刑せんとするが、そこãĢ同じくį„Ąé‡å¤§æ•°čģã§ã‚るピãƒŧクã‚ĸãƒģブãƒŧとネプチãƒĨãƒŧãƒŗマãƒŗãŒå‰˛ãŖãĻå…ĨãŖた。

大į›¸æ’˛čĻ‹į‰ŠäžŋčĻ§ãƒģæąēぞり手

手 æĻめ

「ãģら、ã‚ŗã‚ŗよ。

12
協äŧšãŽåŽšįžŠã§ã¯åœŸäŋĩ内ãĢおいãĻį›¸æ‰‹ãŒå€’れた場合ãĢぎãŋ遊į”¨ã™ã‚‹ã“ととãĒãŖãĻいるが、円ぎ外ãĢį›¸æ‰‹ãŒå€’ã‚ŒãĻも送り倒しとされãĻいるぎが原態である。

大į›¸æ’˛čĻ‹į‰ŠäžŋčĻ§ãƒģæąēぞり手

手 æĻめ

66īŧš 及きčžŧãŋ【はたきこãŋ】 į›¸æ‰‹ãŒäŊŽãå‡ēãĻくるぎãĢ寞し、äŊ“を開いãĻį›¸æ‰‹ãŽéĻ–ã€č‚Šã€čƒŒã‚’ä¸Ąæ‰‹ãžãŸã¯į‰‡æ‰‹ã§åŠã„ãĻ這わせる技である。

5
だが、į§ãŒã‚„ã¤ã‚‰ãŽč¨€ã„ãĒりãĢãĒらãĒければ、娘ぎįžŽčœå­ãĢåąåŽŗが加えられãĻしぞう。