いろは「私が先輩を虜にしちゃいます♪」八幡「vs奉仕部編」

いろは 八幡 一色

小町が聞いてあげるから」 八幡「いや、本当に大したことないから大丈夫だぞ」 小町「お兄ちゃんの大丈夫は信用出来ないなー」 八幡「俺の信用なさすぎだろ……」 小町「だって、ごみいちゃんだもん。 いろは好きにはおすすめです。 60 いろは「なんでですかー? わたしの想いを伝えただけですよ?」 八幡「俺は、って言ってたじゃねえか……いや、演技なんだから偽物だろうが」 いろは「昔のわたしなら、相手の気持ちを考えないでデートの誘いを受けて、適当に接してたと思うんです」 いろは「でも、いまはそういうの嫌なんです」 いろは「それはきっと、本物がいいってことなんだと思うんです」 八幡「……」 いろは「こんな風になったのは先輩のせいなんですから責任とってください」 八幡「あー、わかったよ。

6
かわいい見た目と男受け満点の振る舞いでクラスカースト上位に君臨します。 ちょっと。

比企谷八幡×一色いろは
八幡「俺と一色が付き合ってるだと? 馬鹿言うなよ」

いろは 八幡 一色

女の子に対して、それはよくない、と。 下記マンガを読んでおくとさらに楽しめます。

11
そして、その後。

【俺ガイル】一色いろは(いろはす)がかわいい!八幡との恋愛・デートや告白の断り方・あざとい名言や結末・その後のまとめ!(ネタバレ注意)

いろは 八幡 一色

台詞回しが上手で違和感なく読み進めることができます。 55 八幡「……」ペラペラ 雪乃「……」ペラペラ 由比ヶ浜「……」ピコピコ 雪乃「もう、こんな時間ね……この辺にしておきましょうか」 由比ヶ浜「じゃあ、ゆきのん。 ほんとに大事な存在を守るためなら、多少のリスクを侵してでも向かうべきだろう。

今回はそうしてできた作品を投稿させていただきます。

やはり一色いろはは比企谷八幡を攻略している2

いろは 八幡 一色

忘れられません。 90 「おまえの気持ちはすごくうれしい…こんなこと言ってくれたのはおまえが初めてだ。 告白したのがおまえ以外の誰かだったとしても間違いなくこうなったむしろここまでオレなんかに本気で気持ちをぶつけたおまえだから、ここまでこれたともいえる」 そういってドアに向かう八幡。

15
何かいいなと思ったらとりあえず 手を出… つないでみたいなとか思いますけど」 と、曖昧な返事。

やはり一色いろはは比企谷八幡を攻略している6

いろは 八幡 一色

セリフ回しも違和感なく、文章力・構成力もある作品です。 だが奴にはその覚悟がない) 「それに私の本音を知っていても自然に接してくれるのは比企谷先輩だけです。 42 「い、いし…ん!?」 八幡の目が驚きで見開く。

03 いろは「……先輩」トトトッ 八幡「ん? 駅行くんじゃないのか?」 いろは「明日もお弁当ありますからねー?」 八幡「そうだったな……」 いろは「今日と同じ生徒会室に来てくださいね?」 八幡「わかった。

【雪乃SS】一色いろは「付き合ってください」 八幡「はぁ?」【俺ガイル】

いろは 八幡 一色

「責任、取ってくださいね」 こ、小悪魔すぎる……。 64 校門前 八幡(もうサッカー部終わってるな……あっ、いた) サッカー部員「いろはちゃんは可愛いね!」 いろは「そんなことないですよー?」 サッカー部員「そうかな?いろはちゃんがサッカー部にいると疲れが吹っ飛ぶよ!」 いろは(わたしは、あなたと話すと疲れますけどね……あっ) いろは「せんぱーい!」 八幡(笑顔で手を振らないでくれますかね。 頼みを断られると 「そうですか……(チッ」と密かに舌打ちしたり。

1
「ていうかまだ終わってませんし。 net 八幡「やっと静かになったな。