千葉、殺処分456万羽に 鳥インフル、今季11例

古町 インフルエンザ 多 鳥

採決の結果、賛成3、反対3の賛否同数となったため委員長裁定により、同請願は「採択」となった。

14
県内では消毒場所も増えているので、今まで以上に対策を心がけています」と話していました。

千葉、殺処分456万羽に 鳥インフル、今季11例

古町 インフルエンザ 多 鳥

千葉県 では、昨年12 月下旬 にいすみ市の 養鶏場 で 鳥インフル エンザの感染が発覚して以降、 養鶏場 での感染が相次ぎ、県は 自衛隊 の応援を得て24時間体制で殺処分を進めた。 ) 飼養衛生管理基準の遵守と異常家きんの早期発見・早期通報をお願いします。 県内では、この1か月半の間に鳥インフルエンザの発生が過去に例のないペースで確認されていて、7例目となった今回も含め、県内で飼育する採卵鶏の3割が殺処分される異例の事態となっています。

請願では町議会に対し、許認可権を持つ県知事への意見書を提出するよう要望。

鳥インフル 全国で殺処分935万羽 最多見通し 半数近くが千葉県

古町 インフルエンザ 多 鳥

(野鳥での確認状況の詳細については をご覧ください。

9
全国社会の記事一覧• 令和2年度 高病原性鳥インフルエンザ国内発生事例について 更新日:令和3年2月26日 国内の家きん飼養農場で高病原性鳥インフルエンザが発生しています。 一刻も早く収束を図るため、自衛隊と連携し、確実にウイルスの封じ込めを図りたい」と述べました。

令和2年度 高病原性鳥インフルエンザ国内発生事例について:農林水産省

古町 インフルエンザ 多 鳥

さらに、一般の消費者に対しては「スーパーに並んでいる卵や肉は安心して食べてほしい。 県は7日午前、対策本部会議を開き、自衛隊に災害派遣を要請して午後からこの養鶏場のニワトリおよそ115万羽の殺処分を始めることを確認しました。

8
園遊会は例年春と秋の2回開かれるが、天皇代替わり儀式や新型コロナ禍のため、2019年春. このため、対応にあたる獣医師なども不足していることから、県は国に協力を要請しました。 概要 1 農場概要 所在地:多古町 飼育状況:採卵鶏 約115万羽 2 異常発見の経緯 (1)6日(土)、鶏舎6棟のうち1棟内で、同じケージ内で10羽中6羽の死亡を発見 (2)12時に農場より北部家畜保健衛生所へ異常発生の通報 (3 死亡鶏は、鶏舎の1か所で死んでいる (4)他の棟においては、異常は認められていない 3 検査実施状況 6日 14時50分 北部家畜保健衛生所職員が農場に立入検査 15時30分 簡易検査陽性 7日 0時頃 中央家畜保健衛生所での遺伝子検査の結果を農林水産省動物衛生課に送付 2時 農林水産省で疑似患畜と判定 4 県の対応 (1) 当該農場の鶏の殺処分等の実施 (2) 発生農場の半径3km区域内の鶏等の移動制限、3~10km区域内の鶏等の搬出制限 (3) 周辺農場の異常の有無の確認及び県内の全養鶏場に対する注意喚起 (4) 発生農場の周辺地域で、畜産関係車両を消毒するために、新たに消毒ポイントを2か所設置 5 今後の予定 (1) 7日8時に防疫措置開始 (2) 7日9時30分に県防疫対策本部会議を開催 (3) 防疫措置完了まで毎日11時30分と16時30分に防疫措置状況を公表 【報道機関へのお願い】• 8日午後3時時点で8%ほどに当たるおよそ9万7000羽の処分が終了しています。

千葉 多古町の鳥インフルエンザ 約115万羽の殺処分開始へ

古町 インフルエンザ 多 鳥

養鶏場周辺では車両消毒 千葉県は、県内の養鶏場で鳥インフルエンザの発生が相次いでいることを受け、現在も、発生が確認された養鶏場などの周辺7か所で出入りする車両の消毒を24時間態勢で実施しています。 一方、29日には、養鶏場誘致を求める嘆願書を6月10日付で提出した住民らも参考人として招致。

また県は、この養鶏場の半径3キロ以内をニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、半径10キロ以内をその地域から外への搬出を禁止する「搬出制限区域」に指定しました。

鳥インフル 全国で殺処分935万羽 最多見通し 半数近くが千葉県

古町 インフルエンザ 多 鳥

鳥インフルエンザは去年11月以降、全国17の県の46の養鶏場やアヒル農場で発生し、このうち千葉県では去年12月末から1か月半のうちに8件と過去に例のないペースで発生が相次いでいます。 多古町の農場で飼養されている鶏について、本日2時に高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(7例目)であることを確認したので、その概要をお知らせします。

10
町への経済効果を考えて」などとの意見があった。 大型養鶏場の建設計画に反対する地元住民らの看板とのぼり旗=4月19日、多古町北中 多古町北中の民有地に民間業者による大型養鶏場の建設計画が表面化したことを受け、町議会は29日、文教産業建設常任委員会を開き、地区住民から出された計画反対に関する請願を審議した。