長崎市│長崎市まち・ひと・しごと創生

まち ね た 長崎

1丁目に、県立長崎図書館、長崎中学校、5丁目にがある。

3
その他、国道沿いに近代的なビルが並ぶ。 南は住宅地。

長崎県における地方創生の総合窓口

まち ね た 長崎

住宅地。

8
2丁目にがある。

長崎県における地方創生の総合窓口

まち ね た 長崎

名前の由来は長崎港・茂木港・雲仙岳を望むことから。

4
1913年、郷が町に改められ1965年 竹ノ久保町のみ1966年)、住居表示実施に伴い町名が変更された。

ひと・まち・暮らしが生み出す、長崎の「音の風景」を辿る

まち ね た 長崎

住宅地で、国道やサントス通り沿いに商業施設もある。

17
信徒がこの教会を発見しやすいようにと、祈りの場として神社やお寺が集まるこの場所に敢えて教会が建てられました。

長崎県北木材市場が西有田中に本棚寄贈|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

まち ね た 長崎

まちぶらプロジェクトとは 長崎市の「まちなか」は、歴史及び文化資産の集積と商業業務・公共サービスなどの集積があり、長崎市をけん引するエンジンにあたる地域です。

8
南端に国道34号・新長崎街道が通り、発展している。 下まで一直線に伸びる石畳の坂道は、港の風景や周辺の洋館も見渡すことのできる人気スポットです。

長崎県北木材市場が西有田中に本棚寄贈|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

まち ね た 長崎

住宅地。 こんな楽曲もあるくらい、長崎は雨が似合うノスタルジックな雰囲気があります。

本原通り沿いには商店も多く立ち並ぶ。

長崎市│長崎市まち・ひと・しごと創生

まち ね た 長崎

住宅地。 プティジャン司教の指導をもとに1865年2月19日に献堂式が行われた、現存する日本最古の教会です。 鍛冶屋町(かじやまち) 1966年、今篭町、鍛冶屋町・萬屋町・榎津町・銀屋町・高平町・八坂町の各一部より発足。

13
曙町(あけぼの) 40街区。

長崎市│「さかんまち」長崎のなりたち

まち ね た 長崎

7街区。 。 南西の山里中のあたりが最も低部となり、そこから北と東の2方向に住宅街が伸びており、やはり2方向に標高が高くなっていく。

17
弁天町(べんてん) 18街区。