法事のお布施 袋(封筒)の表書きや渡し方、金額の相場は?

書き方 お布施

そのため必ず寺院や僧侶に相談することをおすすめします。

17
最近では7日ごとの供養は省くことが多くなっていますが、忌日法要と同じ相場と覚えておきましょう。 「てらくる」を利用すれば、「お葬式のお布施代:55,000円」+「法事・法要のお布施代:45,000円」で合計でたった10万円しかかからないため、お布施代を大幅に節約することもできるのです。

お布施の書き方 法事・法要は薄墨?濃墨?・見本

書き方 お布施

または、市販の「御布施」と印刷されたお布施袋を使用します。 名前を書くときは、 郵便番号や住所、電話番号も一緒に書いておくとより丁寧です。 基本的な作法をひとつずつご紹介します。

5
お坊さんはお布施を受け取ったら、寺院へ持ち帰ってもらった金額の計算をします。 また、お布施として包んだ金額も漢数字の旧字体を用いて一緒に書きます。

お布施のペンでの書き方|ペン選びのポイントとマナーとは?

書き方 お布施

三回忌以降は、その次の法要とお布施をまとめて決めてしまうケースもあります。 日蓮宗の相場は5万円となっています。

2
白色の封筒を選ぶ お布施には白い封筒を選びましょう。 のし袋という言葉が一般的ですが、葬儀や法事で金銭を包む際に使用する袋を「不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)」と言います。

お布施の「表書き・中袋・裏書き」の書き方を宗派ごとに紹介!

書き方 お布施

きちんと、奉書紙などに包んだ形で手渡すというのが一般的です。

手元に毛筆がなければ、市販されてる筆ペンでもかまいません。

お布施の書き方とは?名前や裏面や金額はどう書くのが正しい?

書き方 お布施

それらの会食に僧侶が同席する場合はいいのですが、同席されない場合は、 お布施のほかに「御膳料」を渡すのが一般的です。 他にも施主か喪主の名前、電話番号を記入する場合があります。

金額を書く時は、漢数字で書く ここはお香典やお祝儀と同じマナーなのですが、お布施の金額を書くのなら、 漢数字を利用してください。

法事・法要での、お布施袋の書き方マナー:袋の選び方、書き方、お金の入れ方

書き方 お布施

なお、袱紗についてより詳しく知りたいという方は以下のサイトをご覧ください。

キリスト教の場合の表書きは 「御礼」や「御ミサ料」(カトリックのみ)、「献金」、「記念献金」などが挙げられます。 水引といういわゆる封筒の真ん中に付いている紐の飾りはないものにしましょう。