派遣法改正の概要を解説!2020年から始まる派遣の働き方改革

改正 派遣 2020 法

待遇差の内容・理由の説明の義務 事業者は、非正規労働者から求められた場合、正社員との待遇差の内容や理由について説明することが義務となります。 今回は、改正労働者派遣法に対する会社側(特に派遣会社)の適切な対応について、弁護士が解説します。 派遣労働者にも支給要件を満たしている場合は、転勤者用社宅、慶弔休暇、健康診断に伴う勤務免除・有給保障について、利用・付与を配慮しなければなりません。

5
しかし、 労使協定が締結されていない場合は、均等・均衡方式が選択されているとみなされてしまうという点に注意が必要です。

令和3年の労働者派遣法の改正について|スタッフブログ|Blog|マインズのご紹介

改正 派遣 2020 法

たとえば、派遣先企業が派遣先の通常労働者に皆勤手当を支給している場合、当該派遣先における派遣就業が終了するまでの全期間における派遣労働者の「職務内容」と「職務内容及び配置の変更の範囲」と、当該派遣先との雇用関係が終了するまでの全期間における派遣先通常労働者の「職務内容」と「職務内容及び配置の変更範囲」が同じであれば、派遣労働者にも同様に皆勤手当を支給する必要があります(ただし、「正当な理由がなく」不利に取り扱うことが禁止されるので、正当な理由があると評価されれば均等にする必要はありません)。 売店や病院、保養施設などの福利厚生は、派遣社員も正社員と同様に利用できるように配慮する義務が新たに課せられたため、より利用しやすくなることが想定されます。

11
派遣先企業は、自社の従業員が利用する給食施設、休憩室、更衣室については、派遣労働者に対しても利用の機会を与えなければなりません。 その結果、派遣社員に手当が支給されるようになっても給与全体が変わらないように 手当の増額分だけ時給が減る可能性も考えられるでしょう。

【2021年4月】派遣法改正で何が変わる?6つのポイントをご紹介します

改正 派遣 2020 法

2030年には、人口がピークだった2008年と比較して約1000万人の減少が見込まれています。

19
労使協定方式 派遣先である企業が賃金水準を決める派遣均等・均衡方式に対し、派遣元である派遣会社が雇用者の賃金水準を決めるのが労使協定方式です。 派遣先労働者に関する情報提供 派遣先は、派遣元が労働者派遣法第30条の2、第30条の3、第30条の4第1項及び第31条の2第4項で定められる措置を適切に講じることができるよう、派遣元の請求に応じて、派遣先の労働者に関する情報、派遣労働者の業務の遂行状況その他の必要な情報を派遣元に提供しなければならない。

【労働者派遣法】2020年改正(同一労働同一賃金)のポイントをわかりやすく解説

改正 派遣 2020 法

派遣先均等・均衡方式における待遇改善の流れは以下のようになっています。 雇用安定措置そのものの変更はありませんが、以下でご説明いたします。

14
就業規則の変更後には、忘れずに派遣労働者へ周知しましょう。

派遣法改正の概要を解説!2020年から始まる派遣の働き方改革

改正 派遣 2020 法

同一労働同一賃金という言葉は、ニュースなどで耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

よって今から始められることから行い、法改正に備えましょう。

【2020年版】改正派遣法への対応と労使協定方式の導入のポイント

改正 派遣 2020 法

特に、この度の労働者派遣法の改正は複雑であり、法律だけでなく通達などを含めた全体像を理解していなければ、会社にとってかえって損な対応となってしまっているおそれもあります。 労使協定方式 派遣元は、労使協定を締結し、派遣労働者の待遇について次の5項目を定めた場合、 派遣先の通常の労働者との均等・均衡を確保する必要はありません(労働者派遣法30条の4)。

16
均等・均衡方式を選択する場合、それぞれの派遣先から比較対象労働者の待遇情報を入手し、均等または均衡が保たれるように賃金を決定します。

派遣法改正(2021年)を分かりやすくご説明いたします♪|ドムコラム

改正 派遣 2020 法

そこで、法律は、 派遣先事業主に対しては、派遣元事業主に対して、派遣先事業主の従業員の賃金に関する情報を提供するよう義務付けることとしました(詳細は後述)。 労働者派遣法の改正点について、もっと詳細を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

1
1、派遣元事業主は、派遣社員の雇用にあたり「派遣先均等・均衡方式」か「労使協定方式」のいずれかを用いて待遇を決定することが義務化 2、派遣先は派遣元に対して、待遇の比較対象となる従業員に関する情報を提供することが義務化 3、派遣元が1を順守できるよう、派遣先は派遣料金について配慮することが規定 これまで、派遣社員の待遇を正社員と同等にするべきという規定はありませんでした。